猛牛のささやきBACK NUMBER

パ防御率1位・山本由伸は「万能」。
快投を支える気づきと勝利への欲求。

posted2019/07/12 07:00

 
パ防御率1位・山本由伸は「万能」。快投を支える気づきと勝利への欲求。<Number Web> photograph by Kyodo News

前半戦を終わった時点でパ・リーグ防御率1位となったオリックス山本由伸。ファンからの期待も膨らむばかりだ。

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 7月10日の試合でプロ野球前半戦が終了した。2019年の前半戦で最も衝撃を与えた投手は、オリックス3年目の20歳、山本由伸と言ってもいいのではないだろうか。

 昨年はリリーフとして主に8回を任され、54試合に登板したが、今年は志願して先発に転向し、開幕ローテーションに入った。

 今季初登板となった4月3日の福岡ソフトバンク戦でいきなり快投を見せた。ソフトバンク打線を7回までノーヒットに抑え、最終的に9回1安打無失点。味方の援護がなく延長戦の末、引き分けに終わったが、ソフトバンクに対しては7月5日の試合の4回に失点するまで、27イニング無失点だった。6月28日の埼玉西武戦では初完投初完封勝利も挙げた。

 前半戦は13試合に登板し、防御率1.92は、ソフトバンクの千賀滉大を抑え、パ・リーグ1位である。

「打たれたらキャッチャーの責任」(若月)

 3年間ですくすくと伸びた体と心が、山本の今の立ち位置を築いている。

 身長178cm、体重80kgと体格はプロ選手としては特別大きいわけではない。しかしストレートの最速は156kmに及ぶ。カットボールやシュートも150kmに届くスピードで変化し、フォーク、スライダーも一級品。リリーフではあまり投げなかったカーブも、今年はカウント球としても勝負球としても有効だ。捕手の若月健矢はこう語っていた。

「いい球をいっぱい持っているし、ボールの力で勝てていますね。フォーク、スライダーは一発で仕留めるというか、空振り三振を取るイメージ。カット、シュートはずらしてゴロを打たせられるし、カーブで緩急もつけられる。万能ですね。すごいと思います。打たれたらキャッチャーの責任だと思っています(苦笑)」

 ランナーがいない場面では見せ球などは考えず、どんどん3球勝負を仕掛けていく。

【次ページ】 終盤でも落ちない球威の理由。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

山本由伸
若月健矢
比嘉幹貴
オリックス・バファローズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ