甲子園の風BACK NUMBER

プロも育てた新潟の70歳監督の夢。
「野球場をつくれば球児は来る」 

text by

田澤健一郎

田澤健一郎Kenichiro Tazawa

PROFILE

photograph byKenichiro Tazawa

posted2019/07/10 11:15

プロも育てた新潟の70歳監督の夢。「野球場をつくれば球児は来る」<Number Web> photograph by Kenichiro Tazawa

自ら探しあて、整備をした七湊野球場で村上桜ヶ丘高校(新潟)を指導する松田忍監督。

まもなく70歳「カギは投手陣」とイキイキ。

 まもなく70歳だが、「何歳になっても新しい学びはある」という姿勢は変わらない。だが、一方で「そろそろ身を引くべきか」という考えも頭をよぎる。体はまだ元気だが、既に農業実習助手の職も退き、現在は外部指導員という立場での監督だ。

 ただ、今年のチームについて訊ねると、「春は県でベスト4ですが、力は突出しているわけではありません。でも、最近のチームの中では自分たちで考えてプレーができるから、試合が進めやすい。あとは夏まで各人が個の能力をどれだけ高められるかでしょう。カギは投手陣、特に3年生である石井と堀のピッチングに期待したい」と顔も語りもイキイキし出す。

 周囲も松田監督が村上桜ヶ丘の野球部に懸けてきた思いは十分承知。監督自らが身を引くと決断するまでは、甲子園に挑戦し続けてほしいと願っている。

今は時代に合わせて、あの手この手で。

 思えば、ようやく「夢」の実現に取り組めるようになり、荒れ果てた七湊野球場の整備を始めたのは50歳になる年。普通の人間なら「今からは無理」と諦めてもおかしくはない年齢だ。いまさら歳の話を持ち出すのは野暮なのかもしれない。

「何事もやってみないとわからない。この球場も“オレがやらないと始まらないよな”と、とりあえずつくり始めたもの。まあ、楽天家なんです(笑)。でも、世の中には否定的というか、やる前から諦める人もいますが、やればできるようになることって、けっこうあるんですよ」

 それは選手たちにもずっと説き続けてきたことである。

「指導も同じ。選手は“やればできるようになるんだ”という経験をしたり、手応えをつかむと成長していく。昔はそれを力ずくで教えることも多かったけど、今は時代に合わせて、あの手この手でやっています」

 今年は球場整備を始めてから区切りの20年。元号が令和に変わり、皇后雅子さまが村上市にルーツがある小和田家出身ということで、街も久しぶりに注目を浴びた。その流れに乗って、松田監督は村上桜ヶ丘を初の甲子園に導くことはできるか。

 老将の『フィールド・オブ・ドリームス』、その夢の結末は、果たして――。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
松田忍
村上桜ヶ丘高校
新発田農業高校
加藤健
富樫和大

高校野球の前後の記事

ページトップ