JリーグPRESSBACK NUMBER

実力拮抗のJ2、昇格レースが本格化。
J1返り咲きを狙う柏と長崎に注目。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2019/07/09 11:30

実力拮抗のJ2、昇格レースが本格化。J1返り咲きを狙う柏と長崎に注目。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

3位まで順位を上げてきた柏レイソル。クリスティアーノ(左)や江坂任ら、J2最強の攻撃陣でJ1昇格を虎視眈々と狙う。

ルヴァンカップで台頭する新戦力。

 もっとも、J2で例外的なシーズン前半を過ごしたのは事実である。J1から降格したクラブの宿命として、柏とともにルヴァンカップに出場したのである。

 リーグ戦との並行日程を消化していくにあたって、手倉森監督は積極的にターンオーバーをしていった。「実戦で選手を鍛えていく。もちろん勝利も目ざす」という方針を打ち出し、北海道コンサドーレ札幌、横浜F・マリノス、湘南ベルマーレとのグループステージを2位で通過した。プレーオフステージではガンバ大阪に最後まで食い下がり、2試合合計3-4の接戦を演じた。

 J1のクラブとの戦いを通して、吉岡雅和や畑潤基といった選手がリーグ戦のメンバーに絡んでくるようになった。正GK徳重健太が負傷離脱した試合では、Jリーグで出場経験のない富澤雅也がルヴァンカップを踏み台にゴールマウスに立った。プロ2年目の新里涼も、就任1年目の指揮官のもとでダブルボランチの一角を定位置としていく。

 3人の韓国人選手を抱えているものの、日本人選手を育てながら勝利を追い求めるというのが、手倉森監督のシーズン前半のスタンスだった。

徳永、玉田らベテランも健在。

 21節の京都戦には、いずれも35歳のGK徳重、DF徳永悠平、高杉亮太、MF角田誠がスタメンで出場した。39歳のFW玉田圭司も、呉屋と2トップを組んでいる。ベテランがチームにもたらす安定感や勝利への執念を評価する手倉森監督は、引き続き彼らを頼りにしていくに違いない。

 そのうえで、ルヴァンカップで自信をつかんだ中堅が存在感を発揮していけば、チームに勢いが生まれていくだろう。

 シーズン前半の21試合では、1位の山形から6位の甲府までの対戦をすべて落とした。「その悔しさをぶつける。しっかり借りを返す」と手倉森監督は言う。

 後半戦のスタートとなる7月13日開催の22節は、水戸とのアウェイゲームだ。3節に0-1で敗れた相手との直接対決から、長崎は巻き返しを期す。

関連記事

BACK 1 2 3
柏レイソル
ネルシーニョ
V・ファーレン長崎
手倉森誠

Jリーグの前後の記事

ページトップ