サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

ウルグアイ相手に耐え切った森保J。
幸運に恵まれたことを恥じず、次へ。

posted2019/06/21 15:30

 
ウルグアイ相手に耐え切った森保J。幸運に恵まれたことを恥じず、次へ。<Number Web> photograph by Getty Images

2ゴールを挙げ、スタメン起用に応えた三好康児。岡崎慎司らとのコンビネーションも上々だった。

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

Getty Images

 こんな試合が見たかったのだ。

 6月20日に行われたコパ・アメリカのグループリーグ第2戦で、日本はウルグアイと2-2で引き分けた。苦しみ抜いた末のドローゲームではない。世界のトップ・オブ・トップのチームと真正面からぶつかり合い、勝点1を獲得したのである。

 初戦が思いどおりにいかなかったチームは、2試合目に反発力を見せることがある。

 たとえば、2005年のコンフェデレーションズカップである。ジーコ率いる日本代表はグループリーグ第1戦でメキシコに逆転負けを喫したものの、ギリシャとの第2戦で1-0の勝利をつかみ、ブラジルとの第3戦に望みをつなげた。

 たとえば、2013年のコンフェデレーションズカップである。アルベルト・ザッケローニが指揮した日本代表は、開催国ブラジルと初戦で激突し、アウェイの雰囲気に呑み込まれて無抵抗のまま0-3で敗れた。不甲斐ない戦いに奮い立ったチームは、イタリアとの第2戦でスリリングな撃ち合いを演じた。

川島の正面を突いたスアレスのシュート。

 ポルトアレグレのアレーナ・ド・グレミオは、ウルグアイから駆けつけたサポーターが圧倒的優勢を占めていた。3万3000人を超える観衆のほとんどすべては、日本が打ちひしがれることを望んでいる。チリと戦ったエスタジオ・ド・モルンビーとは異なり、ピッチとスタンドが近いので圧迫感もケタ違いだ。紛れもないアウェイである。

 試合の流れを決定づけたのは12分のプレーだった。

 CKからのカウンターで左サイドを突かれ、エディンソン・カバーニのクロスがゴール前のルイス・スアレスに渡る。ペナルティエリア内には日本の選手が帰陣していたが、相手の背番号9はフリーなのだ。

 ここで失点をしていたら、日本の選手たちはいきなり追い詰められたに違いない。しかし、スアレスのヘディングシュートはGK川島永嗣の正面を突く。

 危機は、去った。

【次ページ】 三好の先制点の5分後、PKで失点。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

三好康児
岡崎慎司
川島永嗣
柴崎岳
中島翔哉
森保一

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ