ハマ街ダイアリーBACK NUMBER

ドラフト9位が切り札に成り上がり!
DeNA佐野恵太を変えた米国流分析。 

text by

石塚隆

石塚隆Takashi Ishizuka

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/06/23 09:00

ドラフト9位が切り札に成り上がり!DeNA佐野恵太を変えた米国流分析。<Number Web> photograph by Kyodo News

広陵高、明大を経て、2017年にドラフト9位でDeNAに入団。4月4日ヤクルト戦では満塁打を放つなど、今季は代打の切り札的存在だ。

“余裕”を持つために必要な準備。

「下園さんほどのスペシャリストが心に余裕を持っていたというか、自分にプレッシャーを掛け過ぎることなくプレイしていたんだと気づいたんです。僕はとにかく絶対打ってやろうと必死で、心に余裕を持つことができなかった。だから下園さんのあの言葉は大きかったですよね」

 心にゆとりをもってプレイするには、徹底的な準備が必要だ。佐野はチームのアナリストからもらった対戦投手のデータを読み込み、少しでも多くの情報を仕入れるようにしている。試合を読みながら、いつ出番が来てもいいように準備をする。きちんと自分の頭のなかでデータを整理し、打席に立ち、一球あるかないかの甘いボールを見逃さず仕留める。

 こういった貪欲な佐野の姿勢は、冒頭のブラストモーションへのアプローチにも繋がっているのだろう。

定位置確保へ、課題は対左投手。

 もちろん課題はある。それは明白で、左投手への対応だ。今季、対左投手は9打席あるがノーヒットに終わっている。

「もちろん課題ではあるのですが、まずは右投手をしっかり打ち込まなければ、左投手のときに使ってはもらえない。とにかく一打席一打席に集中することです」

 佐野の左投手の対応についてラミレス監督は次のような見解を示している。

「左が打てないのは、まだ自分自身を信じ切れていないから。この壁を超えることができれば彼はレギュラーに近づくことができると思うよ」

 言うまでもなくDeNA外野陣の競争は熾烈だ。筒香嘉智という不動のキャプテンがおり、さらには神里がその地位を固めつつある。昨年ホームラン王のソトもいる。正味、ひと枠あるかないかのポジションを桑原将志、乙坂智、楠本泰史ら同年代の選手と競わなければいけない。

「みんな僕より守備は上手いし、脚も速い。だから打つことだけは負けちゃいけないんです」

 代打からの成り上がり――他の誰とも違う道をひとり突き進んでいる佐野。代打としての特性を評価されドラフト9位で入団した男の突破力やいかに。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

横浜DeNAベイスターズ
佐野恵太
下園辰哉

プロ野球の前後のコラム

ページトップ