話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

「コパは経験しに行く場ではない」
三好康児の野心家ぶりが頼もしい。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/06/12 11:45

「コパは経験しに行く場ではない」三好康児の野心家ぶりが頼もしい。<Number Web> photograph by Getty Images

三好康児は今季所属するマリノスで激しい定位置争いを繰り広げている。そこでの成長をコパ・アメリカで見せられるか。

「野心は常にありますよ」

 また、南米選手権という大きな大会ゆえに世界中の注目度も高く、海外のクラブは当然、それぞれのチームの戦いを注視している。もともと海外志向が強い選手である。堂安律を始め、冨安健洋らが海外で活躍している姿は羨ましく、同時にいつか自分もという気持ちをずっと抱き続けてきた。

「野心は常にありますよ。コパは世界が注目している大会ですし、誰がどこで見ているか分からない。世界に向けて発信していく舞台だと思いますし、活躍すれば世界に出て行くチャンスになると思っています。もちろん代表へのアピールにもなる。

 ただ、それだけになってはいけないし、勘違いしないようにしたいですね。チームとして勝つことを忘れないで戦うことが大事だと思っています」

 “自分が”いう気持ちを抱きつつ、チームの勝利に貢献する。それが結果的に自己の評価を一番高めることだと三好は理解している。

 コパアメリカで1試合でも多く戦い、自らの存在価値を高める。

 ブラジルは、三好にとって果たして飛躍の地になるか――。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

三好康児
横浜F・マリノス

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ