“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

U-20W杯日韓戦で悔やまれるミス。
菅原由勢は、必ず壁を越えられる!

posted2019/06/12 11:15

 
U-20W杯日韓戦で悔やまれるミス。菅原由勢は、必ず壁を越えられる!<Number Web> photograph by JFA/AFLO

U-20W杯で韓国に敗れ、うなだれる菅原由勢。悔しい思いを東京五輪、そしてA代表のピッチに立つための活力に変える。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

JFA/AFLO

 筆者は良い選手、学びながら成長する選手の条件として、自分が起こした現象に対し、しっかりと細かく理論立てて振り返られることを挙げる。

 それは成功体験と失敗体験の両方に当てはまる。

 例えば「ゴールを決めた」という現象に対して、ただゴールという結果に満足するのではなく、それが「すべて狙い通りのゴール」なのか、「偶然に生じたゴール」なのかでは大きく異なる。もっと細分化すると「ここまでは狙い通りで、ここからはリアクション」だったり、「この狙いだったが、状況が変わって別の選択をした」、「狙い通りの形に持ち込めなかったが、そこから強引にシュートまで持っていくことができた」など、どこまでが偶発で、どこまでが必然か。

 必然から偶発に切り替わった瞬間や、偶発の際の状況詳細まで頭に入れて、考えを張り巡らすことで、「次、同じようなシチュエーションになったときにどうすべきか」と明確な問題意識を持ってトレーニングや試合に臨むことができる。

成長する術を持つ菅原由勢。

 ミスに関しても、ただ単に「ミスをしてしまって反省している」だけでは、同じことを繰り返すだろう。

 なぜミスをしてしまったのか。

「ここまでは意図していたが、この部分をミスしたことで、失点につながってしまった」、「ここに来ると思ってこう準備をしていたが、その裏をかかれて、出足が遅れてしまった」など、細部まで目を配ることができるか。

 ミスの原因に近づいて、自分の足りない部分を具体的に把握し、レベルアップにつなげられるか。これができるか否かで、選手としての質は大きく異なってくる。

 前置きが長くなってしまったが、U-20日本代表を取材して、DF菅原由勢はこれを高次元で行える選手であると改めて感じた。

【次ページ】 U-20W杯は4戦すべてにフル出場。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

菅原由勢

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ