サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

Jユースから高校への“移籍”で変身。
鈴木冬一がU-20W杯で証明する成長。 

text by

松尾祐希

松尾祐希Yuki Matsuo

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/06/04 07:00

Jユースから高校への“移籍”で変身。鈴木冬一がU-20W杯で証明する成長。<Number Web> photograph by Getty Images

U-20W杯メキシコ戦では、左サイドバックとしてフル出場。献身的なプレーで快勝へ導いた。

チームのために走る選手に。

 そうして迎えた、鈴木にとって最初で最後の高校サッカー選手権。小嶺監督に18度目の日本一をプレゼントすると意気込み、「18番」をつけた。最終的には16強で大会を去ることとなり、恩師の想いに報いることはできなかったが、鈴木は段違いのハードワークでチームを引っ張った。

 移籍当初、小嶺監督は「フィジカルとハートの部分を鍛えてあげたい」と語っていたが、卒業時には「よく頑張った。その姿勢を後輩たちに伝えてやってくれ」と成長を認めた。

 小学生の頃からC大阪の下部組織でともに育ち、U-20日本代表のチームメイトでもある喜田陽(福岡)も、鈴木の変化に驚きを隠そうとしない。

「サッカーに対する気持ちが変わりました。セレッソの時も全力だったけど、今はもっと全力でやっている。長崎に行ってチームのためにプレーするようになりました」

 攻撃ばかりで輝いていた男は、チームのために誰よりも走る選手になったのだ。

 高校を卒業して加入した湘南でも早々に出場機会をつかみ、簡単には選手を讃えないチョウ・キジェ監督も認めるパフォーマンスを披露している。

8強入りをかけて韓国と対戦。

 U-20日本代表入りは偶然ではない。ドリブラーからハードワーカーに変貌を遂げたからこそ、今がある。

 5月30日、鈴木冬一はU-20W杯が開催されているポーランドの地で19歳の誕生日を迎えた。2年前のU-17W杯は世界の強豪と戦うだけで精一杯だったが、今回は違う。

「Jリーグで試合に出させてもらっているので、多少の余裕がある。自分のなかでも落ち着いてプレーができている印象があります。どんな相手が来ても、戦う姿勢やメンタルは変わらない。勝ってひとつでも上に行くことが目標。通過点という意味で、次の韓国戦は必ず勝利を掴みたい」

 前出のU-17W杯ではイングランドに敗れ、16強で敗退。今大会では、6月4日のラウンドオブ16で宿敵・韓国を下し、8強入りを果たせるか。

 まだ見ぬ舞台へ辿り着いたとき、感じている自信は確信に変わる。壁を乗り越えた男は、もう一度自らの足で道を切り拓こうとしている。

関連記事

BACK 1 2 3 4
鈴木冬一
湘南ベルマーレ
セレッソ大阪
長崎総合科学大附属高校

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ