欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

息抜きはサッカー、来季はメッシと?
伊東純也流「ベルギー“地味”生活」。

posted2019/06/03 08:00

 
息抜きはサッカー、来季はメッシと?伊東純也流「ベルギー“地味”生活」。<Number Web> photograph by Kai Sawabe

子供たちと戯れる伊東純也。自然体で過ごせたことが、移籍1年目の好結果に繋がったのかもしれない。

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph by

Kai Sawabe

 欧州チャンピオンズリーグ(CL)ファイナルを残すのみとなったヨーロッパの2018-19シーズン、日本人選手は軒並み苦戦を強いられた。際立った活躍を見せたのは、フランクフルト(ドイツ)の長谷部誠くらいだ。

 だが来季、明るい展望を描ける選手がひとりいる。今年2月、柏レイソルからベルギーのヘンクに移籍した伊東純也だ。

 シーズン途中にチームに合流して、短期間で右ウイングのポジションを獲得。8年ぶりとなる、ヘンクのリーグ制覇に貢献した。今季、欧州でリーグチャンピオンの称号を得たのは、日本人ではガラタサライ(トルコ)の長友佑都と伊東だけだ。ヘンクは来季はCLにグループステージから参戦する。

英語習得にやや苦戦中。

 5月22日、私は帰国した伊東を成田空港に待ち受け、ベルギーでの生活についてたずねてみた。

 まずは言葉から。ヘンクはオランダ語圏に属するが、チームでは英語が「公用語」になっている。外国人選手にとってはなじみやすい環境といえるだろう。実はベルギーに行く前、伊東は「英語は苦手ですけど、なんとかなるかな」と楽観していた。だが現実は、そう簡単ではなかったようだ。

「英語は思っていたより、わかりませんでした。もちろん、オランダ語よりはわかりますけど。ですから、チームが家庭教師をつけてくれました。週に2回、2時間ずつ勉強するんです。テキストをつかって会話したりするんですけど、正直おもしろくはないですね。あ、いまわかった、という瞬間は増えてきましたけど」

 英語については苦戦中。では、ひとり暮らしで楽しいのはどんなとき? こうたずねると、即座に答えが返ってきた。

【次ページ】 始めた自炊も「おもしろくないんです」

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

伊東純也
ヘンク
柏レイソル
リオネル・メッシ
遠藤航

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ