欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

歓喜の「You'll Never Walk Alone」。
リバプールCL制覇にクロップも万感。

posted2019/06/02 12:30

 
歓喜の「You'll Never Walk Alone」。リバプールCL制覇にクロップも万感。<Number Web> photograph by Getty Images

胴上げされるクロップ監督がガッツポーズし、熱狂的なファンも沸く。この一体感と情熱こそがリバプールなのだ。

text by

井川洋一

井川洋一Yoichi Igawa

PROFILE

photograph by

Getty Images

 エスタディオ・メトロポリターノが別のチームの真紅に染まった。一昨季からアトレティコ・マドリーの本拠地として使用される近代的なスタジアムはこの日、ホームチームと同様に赤を基調とするリバプールの欧州制覇を祝った。

 トッテナム・ホットスパーとのイングランド勢対決を制したことを告げる笛が鳴ると、守備の要のCBビルヒル・ファンダイクは号泣。優勝セレモニーでは、主将のジョーダン・ヘンダーソンがこれ以上ないほどエモーショナルにトロフィーを掲げ、その後にすべてのチームメイトが続いた。

 ひとりひとりのセレブレーションを全員で喜ぶ結束したチームの中心には、もちろんユルゲン・クロップ監督がいた。

 スタンドでは、試合が終わる前からクラブのアンセム『You'll Never Walk Alone』を歌い続けたファンの歓喜が弾けた。彼らの情熱がピッチ上の選手たちの背中を押し続けたことは、あらためて言うまでもない。

試合自体は熱戦だったが硬直した。

 もっともゲームそのものは、熱戦ではあったかもしれないが、欧州頂上決戦にふさわしいクオリティーだったとは言い難い。あるいは、ファイナルならではの低調な内容と言うべきか。

 至高のタイトルが懸かる試合では、時に両チームともに硬くなり、本来の力を出せなくなることがある。日頃から手のうちを知り尽くす同国勢対決なら、ことに慎重になったとしても不思議はない。それから現地21時のキックオフの時点で気温30度というコンディションと、どちらも3週間ぶりの公式戦だったことも考慮すべきだろう。

 より硬直していたように見えたのは、137年のクラブ史で初のCL(チャンピオンズカップ時代も含む)決勝を戦ったトッテナムだ。「プレミアリーグが終わった後、CL決勝までは、フィジカルや戦術的なものよりも、メンタル面の準備に励んだ」とマウリシオ・ポチェッティーノ監督は戦前に語っているが、未知の領域で自然に振舞うことができた選手は少なかった。

【次ページ】 1年前の雪辱を果たすサラーのPK。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

リバプール
トッテナム
ユルゲン・クロップ
モハメド・サラー
ビルヒル・ファンダイク
ソン・フンミン
ハリー・ケイン
ディボク・オリジ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ