“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

U-20W杯初戦で南米得点王を封殺。
CB瀬古歩夢に漂うリーダーの風格。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byDaisuke Nakashima

posted2019/05/24 11:45

U-20W杯初戦で南米得点王を封殺。CB瀬古歩夢に漂うリーダーの風格。<Number Web> photograph by Daisuke Nakashima

背番号4・瀬古歩夢を中心に南米王者をOGの1失点で抑えたU-20日本代表。開幕戦で貴重な勝ち点1を掴んだ。

次戦はライネス要するメキシコ。

「CBである以上、たった1つのミスも失点に関わります。今日も(61分のシーンで)サイドチェンジしようとしたボールが完全に奪われていたら、かなり危ういピンチを作られていた。CBとして波があってはいけないですし、もっともっと安定した落ち着いたプレーをしたい。

 CBというポジションは経験を積めば積むほど、味が出てくるものだと思うので、それを積み重ねていきたい」

 そう話す彼の表情は、逞しさと頼もしさを感じさせてくれるものだった。2017年U-17W杯は大会直前に負傷し、出場できなかった。彼にとって初めての世界の大舞台での一戦は、彼に多くの財産を与えた。

「DFリーダーとしての自覚はしっかりと持ってやっていきたいです」

 瀬古歩夢は大きな一歩を踏み出した。守備のマイスターとして、かつエースキラーとして、これから先はさらに彼にかかる責務は増すが、それを背負う覚悟はより深まった。

 すべてはチームのために、そして彼自身のために。

 まずは26日のグループリーグ第2戦、絶対的エースのMFディエゴ・ライネス(ベティス/スペイン)を擁するメキシコ戦に向け、意識を研ぎ澄ましていく。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

瀬古歩夢
小林友希
若原智哉
山田康太

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ