JリーグPRESSBACK NUMBER

浦和に「ようやく光が見えた」日。
湘南戦の悪夢がもたらしたACL完勝。

posted2019/05/22 18:15

 
浦和に「ようやく光が見えた」日。湘南戦の悪夢がもたらしたACL完勝。<Number Web> photograph by AFLO

リーグ戦では苦しんでいる浦和だが、まだ5月。追撃の態勢は整いつつある。

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph by

AFLO

「We are REDS」

 試合終了まで5分を切ったとき、埼玉スタジアムを埋めた約2万人のサポーターの声が響いた。すでに勝利を確信した、そんなコールだった。

 0-0での引き分け以外、勝利しなければ突破が決まらない。ACLグループリーグ最終戦対北京国安戦。2位突破を賭けた両者の戦いは、激しくそして静かに始まった。

 開始早々に柏木陽介が足を痛め、13分には長澤和輝との交代を余儀なくされる。セカンドボールが拾えず苦しい時間帯が続くが、西川周作のファインセーブもあり、チーム全体からは落ち着いた空気が感じられた。ゴール裏のサポーターの声が、選手たちを支えているようにも思える。

 そして34分、縦パスに反応した長澤が中央突破から先制弾を決める。41分には自身でボールを運んだ長澤がペナルティエリア中央へ出したパスを、武藤雄樹が決めて2-0とリードを広げて前半を終えた。

 この時点で、浦和が突破するためには勝利が絶対条件となった。2-2の引き分けでは相手の突破が決まる。

ホームでは4月20日以来の勝利。

 そして後半も、浦和は3点目を狙い続けた。当然、ゴールを狙う北京の猛攻で自陣に押し下げられる時間帯もあったが、押し返そうとラインを上げ、ボールを奪えばゴールに迫った。

 後半36分、山中亮輔、武藤と繋がったパスをフリーで受けた興梠慎三が3点目を決める。3-0での完勝で浦和のグループリーグ突破が決まった。

 ホームではこれで3勝目。4月20日の神戸戦以来の勝利だ。3ゴールは今季最多得点数である。

 オリベイラ監督が振り返る。

「試合を通じて効果的な守備ができ、ゴールシーンは正確なプレーができた」

 高い位置でボールを奪うと、シンプルに前へ向かう。そんなプレーは、北京を慌てさせた。縦に速い。美しい攻撃がゴールに繋がった。

「全員がハードワークできたし、前からアグレッシブに戦えた。引いて守るんじゃなくて、前から行く。そういう考えがチームに生まれた」と興梠は話す。

【次ページ】 湘南戦で、実は浦和が手にしていたもの。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

西川周作
長澤和輝
浦和レッズ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ