JリーグPRESSBACK NUMBER

あえて杉岡大暉と齊藤未月に厳しく。
心に響いた湘南チョウ監督の親心。

posted2019/05/23 11:00

 
あえて杉岡大暉と齊藤未月に厳しく。心に響いた湘南チョウ監督の親心。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

各世代別代表でメーンキャスト候補の(左から)齊藤未月、杉岡大暉、鈴木冬一。チョウ監督の厳しい言葉に応え、日々成長を果たしている。

text by

林遼平

林遼平Ryohei Hayashi

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

 常にストレートに物事を伝える人ではあるが、ここまで言うのも珍しかった。

「齊藤未月と杉岡大暉のことは、しっかり書いてください」

 約1カ月前、4月19日のこと。アウェイに乗り込んだ湘南ベルマーレは、等々力陸上競技場で川崎フロンターレと対戦していた。上位進出を狙う湘南にとって、調子の上がらない王者を破る絶好のタイミングだったと言っていい。

 しかし、立ち上がりこそ拮抗した展開に持ち込んだものの、結果は0-2の完敗。湘南のチョウ・キジェ監督はボールを奪った後のクオリティーに大きな差を見出し、試合後の会見で2人の若人の名前を挙げ、世代別代表の常連となっている彼らのプレーにあえて疑問を呈した。

「杉岡(大暉)は、オリンピック、オリンピック……と言われていますが、あれだけ取ったボールを相手に渡しているようでは、とてもではないけど世界では戦えない。本人にもそれは伝えました。

 これは僕たち指導者、周りの仲間、もしくは皆さんマスコミの方も、選手たちのどこが良くてどこが悪いのかをちゃんと認識して彼らに伝え、良いプレーと悪いプレーを整理して、1カ月ではなくて1日で次へ伸ばすように持っていかないといけません」

「彼らは次のステージに……」

 試合を総括する場で指揮官はさらに続ける。

「齊藤未月もそうですが、2人は我々のチームの次の世代を担ってもらわなければいけない選手でもあります。だけど、ボールを取られても追いかけない、走らないといったプレーを“自分の中で許せない”というプレーにしないと、彼らは次のステージに行けないと思います」

 記者陣の質問に答えるのではなく、自ら発した言葉。これまでもプレーを褒めたり、多少の否定をしたりする時はあったが、これほどまでに厳しく言う機会はそう多くない。

 ただ、こうやって誰かを矢面に立たせる時、指揮官の中にはいつも狙いがある。

【次ページ】 監督に聞いた言葉の真意とは。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

齊藤未月
杉岡大暉
湘南ベルマーレ
曹貴裁

Jリーグの前後のコラム

ページトップ