JリーグPRESSBACK NUMBER

焦らず、崩れず、逆転勝利した鹿島。
ACL優勝が変えたクラブの目標設定。

posted2019/05/23 17:00

 
焦らず、崩れず、逆転勝利した鹿島。ACL優勝が変えたクラブの目標設定。<Number Web> photograph by AFLO

ACLを制覇してCWCを戦うことは鹿島にとって、もはや「何年かに一度達成すればいい」という目標ではないのだ。

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph by

AFLO

 プレーオフを4-1の快勝で勝ち上がり、グループリーグでも2勝1分と好発進したものの、勝てば決勝トーナメント進出決定となる第4節、第5節で格下相手に連敗。昨季アジア王者の鹿島は、瀬戸際に立たされた状態でホームに山東を迎えた。

 ACLは連敗していたものの、リーグ戦は3連勝。直近の松本戦を5-0と完勝し、チームの状態は悪くない。思えば2連敗したACLでは主力の土居聖真を温存していたし、チョンスンヒョンも負傷離脱中で出場してはいなかった。

 すでに1位突破が決まっている山東だが、フェライニやグラツィアノ・ペッレを先発起用。対する鹿島も、出場停止の左SB安西幸輝の代わりにCBの町田浩樹、外国人選手枠の関係でACL未登録のレアンドロの代わりに中村充孝を起用した以外は、松本戦と同じ名前が先発に並んだ。ターンオーバーする余裕は鹿島にはなかった。

「単純なミスも減ってきましたし、みんなが献身的に守備のところから、しっかりやれるようになっている。今できていることができれば勝てると思うし、勝たないといけない。(アジア)チャンピオンというプライドを持ち、やっていきたい」と永木亮太は戦前語っている。

想定内の失点、想定内の展開。

 しかし、鹿島のキックオフで始まった試合は“不思議な雰囲気”だったと三竿健斗は振り返る。

「ピッチの中には変な雰囲気があったなぁっていう印象があります。相手もそんなにガツガツこないし、ボールはずっと持てるけど、思い切ってやれない。持てるからこそ、ミスをしちゃいけないという雰囲気がどこかにあった。そういうのを気にせずにブチ破っていく大胆さというのが今後必要だと思います」

 うまく攻め切れない時間が続いた前半11分、コーナーキックからフェライニにゴールを決められた。高さのギャップを突かれた失点は、想定内の形でもあった。そして、リードした山東が、自陣前を固め続けるのもまた、想定内の流れだったかもしれない。

【次ページ】 白崎「焦れることが一番危険だった」

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

鹿島アントラーズ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ