プロ野球亭日乗BACK NUMBER

“井端弘和師匠”に学んだ山本泰寛。
巨人で光る文武両道の慶応ボーイ。

posted2019/05/05 13:30

 
“井端弘和師匠”に学んだ山本泰寛。巨人で光る文武両道の慶応ボーイ。<Number Web> photograph by Kyodo News

4月中旬の阪神戦。二塁の守備時、軽快なフットワークから華麗なジャンピングスローを見せた山本泰寛。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 今年のニューヨーク・ヤンキースは開幕からの故障禍で次々と主力選手が戦線離脱。まともに打線が組めない試合が続いている。

 開幕直後の4月に主砲のジャンカルロ・スタントン外野手とアーロン・ジャッジ外野手、ベテランのトロイ・トロウィツキー内野手が次々と倒れた。若手期待のミゲール・アンドゥハー内野手も戦線離脱している。

 ただこの故障禍の中でもなんとか凌いでア・リーグ東地区の2位を守っているのは、控え選手の活躍によるものだった。ルーク・ボイト内野手やクリント・フレイジャー外野手、マイク・タッチマン外野手らが全てとは言わないまでも、それなりに主力の穴を埋める活躍をみせている。そうして現在も脱落せずに地区優勝を狙える好位置をキープしてジャッジらの復帰を待っている訳である。

「ここ数年の広島の強さの1つに選手層の厚さというのがあると思う」

 同じように控え選手の大切さを語るのは巨人の原辰徳監督だ。

「主力選手の力を比べればウチだって遜色のない選手が揃っている。でもレギュラー陣に何かあったときに、その穴をどう埋めるのか。その危機管理というのが、優勝を考えたときには絶対に必要なんです。ベンチに控える選手、ファームで待機している選手をどれだけレベルアップできるか。そうしてどれだけ選手全員で戦える集団を作れるか。そこが広島と伍して戦うための条件だと思っている」

 その選手層の厚さを試される事態が勃発したのが、開幕から「1番・セカンド」でチームを牽引してきた吉川尚輝内野手の戦線離脱だった。

懸案だった「セカンド問題」。

 開幕から1番に座って11試合で打率3割9分、出塁率4割3分2厘を誇った吉川が腰痛で登録抹消されたのが4月14日のこと。

 ただでさえ巨人は「セカンド問題」が懸案だった。二塁に定着できる若手が育たず、ようやく吉川という芽が出てきたところでの離脱は、かなり大きなダメージに思えた。ところがその穴を埋める選手が出てきたのだ。

 4年目の山本泰寛内野手である。

【次ページ】 ほぼ1人で1点もぎ取ってきた男。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

山本泰寛
原辰徳
井端弘和
吉川尚輝
読売ジャイアンツ
慶應義塾大学

プロ野球の前後のコラム

ページトップ