欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

アヤックス&バルサ優位と“古巣対決”。
プレミア勢、逆転CL決勝の望みは? 

text by

寺沢薫

寺沢薫Kaoru Terasawa

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/05/05 12:30

アヤックス&バルサ優位と“古巣対決”。プレミア勢、逆転CL決勝の望みは?<Number Web> photograph by Getty Images

準決勝1stレグでリバプールと対戦したコウチーニョ。アンフィールドへの帰還で待つ結末やいかに?

トッテナムのエリクセンに期待。

 さて、運命のセカンドレグである。

 イングランドの2チームが逆転勝利を目指すうえで、試合のキーパーソンになりそうな選手を挙げるとしたら、いくつかの“古巣対決”に注目してみるのはどうだろうか。

 まず、ゴールが課題のトッテナムだ。その意味では、マンチェスター・シティとの準々決勝でホーム、アウェーのいずれも決定的なゴールを決めているソン・フンミンの復帰は何より心強い。彼が戻ってくるだけでゴールへの脅威はもちろん増すし、スパーズはチーム全体としてもハイプレスの練度も上がる。

 だが、それ以上にその出来が勝敗を左右しそうなのが、ソン・フンミンにパスを供給する元アヤックスのクリスティアン・エリクセンである。

古巣アヤックスの包囲網をかいくぐれ。

 トッテナムにおける最大のチャンスメーカーであり、コンビネーションの中心であるエリクセンだが、ファーストレグではほぼ試合から消されてしまっていた。アヤックスは中盤でビクター・ワニャマやシソコのところを出足の速いプレスで塞ぎ、エリクセンに高い位置で、いい形でボールを渡さないように注力していたからだ。

 またエリクセン自身に対してもタイトなマークを徹底し、彼は持ち前のパス精度や創造性を発揮できず大いに苦しんだ。

 彼をプロデビューさせ、トッテナムへと送り出したアヤックスだからこそ、彼のいいところはすべて知っている。

 そう言わんばかりの“エリクセン潰し”を彼がどうかいくぐり、本来のパフォーマンスを発揮できるかどうかが、トッテナムにとって肝になりそうだ。

【次ページ】 リバプールは1点を失うと……。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

アヤックス
トッテナム
バルセロナ
リバプール
フィリペ・コウチーニョ
ルイス・スアレス
クリスティアン・エリクセン

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ