オリンピックPRESSBACK NUMBER

バド女子ダブルスの熾烈な五輪争い。
藤井瑞希が解説する日本勢の強さ。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byAFLO

posted2019/05/01 09:00

バド女子ダブルスの熾烈な五輪争い。藤井瑞希が解説する日本勢の強さ。<Number Web> photograph by AFLO

福島由紀(前)と廣田彩花の世界1位のフクヒロペアですら五輪が安泰ではないほど日本代表争いはハイレベルだ。

「最後はふたりで乗り越えるしかないんだよ」

 日本代表として国際大会に出場する場合、監督やコーチらのスタッフが同行する。試合の合間にコートサイドでアドバイスを受けられるが、日本人ペアの対戦にはスタッフが関わらない。選手だけで戦略を練り、勝利を手繰り寄せなければならない。

「だから、パートナーとの信頼関係が必要なんです。選考レースの対象大会では絶対に日本人同士が対戦するので、所属先のチームの監督やコーチには『最後はふたりで乗り越えるしかないんだよ』と言われていました」

 1年に及ぶ壮絶なサバイバルで、選手たちは心身ともに激しく消耗する。大会を終えるたびに絞り込まれた身体がさらに痩せ細り、見た目にもゲッソリとすることさえあるという。

 全身に突き刺さるようなプレッシャーを感じ、ライバルとのポイント差に恐怖さえ覚えながら、選手たちは目の前の大会に挑んでいく。逃げ出したくなるほどの重圧と向き合う1年間の先に、東京五輪の表彰台に立つ自分たちがいると信じて──。

関連記事

BACK 1 2 3 4
高橋礼華
松友美佐紀
福島由紀
廣田彩花
永原和可那
松本麻佑
米本小春
田中志保
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ