欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

不屈の“聖イケル”カシージャス。
急性心筋梗塞も乗り越えられるか。
 

text by

吉田治良

吉田治良Jiro Yoshida

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/05/02 17:00

不屈の“聖イケル”カシージャス。急性心筋梗塞も乗り越えられるか。<Number Web> photograph by Getty Images

現地時間5月1日の練習で心筋梗塞となり病院に搬送されたカシージャス。無事を祈りたい。

守護神に返り咲き好セーブ連発。

 この日、好セーブを披露してクリーンシートを記録(結果はスコアレスドロー)したカシージャス自身も試合後、去就に関しては明言を避けながら、こんなコメントを残している。

「アンフィールドで無失点だったんだ。これがCLとの別れになったとしても、後悔はないよ。そして、あのような美しい拍手を送ってくれたリバプールのファンにも感謝している」

 しかし、未来とは分からないものだ。

 このリバプール戦と前後して国内リーグでもスタメンに返り咲いたカシージャスは、30節の宿敵ベンフィカとの大一番で1-0の完封勝利に導くビッグセーブを連発するなど、終盤戦の大車輪の働きでポルトの5シーズンぶり28回目の優勝に貢献。その地位を不動のものにするのだ。

“聖イケル”復活とGK像の変容。

 そして迎えた今シーズン、晴れてポルト残留を果たしたカシージャスは、“聖イケル”と呼ばれたレアル・マドリー時代のようなハイパフォーマンスで、完全復活を高らかに宣言する。

 30節を終えたポルトガル・リーグで2位のポルトは、ここまでわずか17失点。全試合フル出場のカシージャスは、1試合平均0.57点という驚異の失点率を誇り、鉄壁のディフェンスを最後尾から力強く支えている。

 マドリー時代に3度のCL制覇と5度のラ・リーガ優勝を経験し、スペイン代表としても2010年の南アフリカW杯優勝とEURO連覇('08年、'12年)を成し遂げた稀代のシュートストッパーも、「大型化」と「リベロ化」が進むGKのプレースタイルの変容に伴い、近年では世界の十傑に数えられることも少なくなった。

 190cm超の長身で、フィールドプレーヤー並みの足技を備えたGKが持てはやされる昨今、比較的小柄で、あくまでもゴールエリア内で勝負するカシージャスのようなタイプは、次第に過去の遺物となりつつあるのかもしれない。

【次ページ】 推定市場価格と“時代遅れ感”。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

イケル・カシージャス
ポルト
レアル・マドリー

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ