炎の一筆入魂BACK NUMBER

カープ復活を支える謙虚な新外国人。
流れを切り、長い回を投げる仕事。 

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/04/22 11:50

カープ復活を支える謙虚な新外国人。流れを切り、長い回を投げる仕事。<Number Web> photograph by Kyodo News

188センチの長身から投げ下ろされる150キロを越えるストレートと“ハンマーカーブ”などを武器とするレグナルト。

「リスターター」や「ファーストストッパー」か?

 与えられたポジションで役割をまっとうする忠誠心にブレはない。

 役割は理解している。

「チームがビハインドのときは投球テンポを考える。たとえば5回や6回に登板すると、まだイニングが多く残っている。だから早めにアウトを取り、3者凡退に切ることで、自分たちに得点の流れを呼び込めると意識している」(レグナルト)

 4月11日から登板した3試合続けて、レグナルトが抑えた後に広島打線の得点が生まれたのも偶然ではないだろう。

 今、野球界では「オープナー」というポジションが注目されているが、セットアッパーもできるレグナルトの早い回での2番手起用も興味深い。

 決め球に命名した「ハンマー(カーブ)」のように相手の流れを壊し、味方に流れを持ち込む。

「リスターター」や「ファーストストッパー」とも表現できる役割か。

 日本での成功、チームの優勝を信じる助っ人左腕は、広島の逆襲を陰で支える役割も担っていく。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

カイル・レグナルト
大瀬良大地
床田寛樹
野村祐輔
緒方孝市
広島東洋カープ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ