スポーツ百珍BACK NUMBER

メッシでも歴代1位が遠い記録って?
ゴールとアシストは圧倒的だが……。

posted2019/04/22 08:00

 
メッシでも歴代1位が遠い記録って?ゴールとアシストは圧倒的だが……。<Number Web> photograph by AFLO

息をするような当たり前さでハットトリック。メッシのゴールペースは相変わらず異常だ。

text by

茂野聡士

茂野聡士Satoshi Shigeno

PROFILE

photograph by

AFLO

「メッシは天使であり、悪魔である」

 UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝、マンチェスター・ユナイテッドとの第2戦後、スペインの全国紙である『エル・パイス』がこんな見出しでメッシを称えたのだという。

 分かっていても止められないカットインから、絶妙なコントロールシュート。利き足ではない右足で放った、コースが甘いシュートをGKデヘアがこぼしてしまったのも、“メッシだから”という威圧感があったとしか思えない。

 天才メッシを称える表現は使い尽くされたように思っていたが、スペイン人エディターもオシャレな表現を使ったものだ。

 この2ゴールで、メッシがプレミア勢から奪ったゴールは「24」となった。その内訳は以下の通り。

アーセナル:9点、マンチェスター・シティ:6点、ユナイテッド:4点、チェルシー:3点、トッテナム:2点

 もはや「メッシ被害者の会」を作りたいレベルである。

ゴールばかりかアシストでも無双。

 スーパーなのが平常運転なので感覚がマヒしているが、2018-19シーズンもメッシは凄い。

 イニエスタから継承したキャプテンマークを重圧に感じることもなく、着々とゴールを積み重ねている。それに加えてイニエスタが担っていたアシスト役になるシーンも多いし、直接FKだけで5ゴールも決めている。どんな形からでもゴールを陥れ、もはや神の領域である。

 メッシの無双ぶりは数字を見れば明らかだ。リーガ公式サイトとサッカーのデータ専門サイトである『transfermarkt』を参考にすると、4月21日時点でメッシの今シーズン公式戦成績は以下の通り。

<メッシの今季公式戦成績>
リーガ:30試合33ゴール12アシスト
CL:8試合10ゴール3アシスト
国王杯:4試合2ゴール3アシスト
スペインスーパー杯:1試合1アシスト

 リーガ、CLともに1試合につき1ゴール以上。むしろ「そりゃメッシだもんね。むしろ国王杯で“2ゴールだけ”なんだ」と錯覚しそうだ。

 そしてリーガでは、3度のハットトリックを含む9度の複数ゴール。8試合連続得点もマークしている。得点ランク2位のベンゼマは、12差の21ゴール。最大のライバルだったクリスティアーノ・ロナウドがいなくなったことは独走態勢の一因で、得点王はほぼ確定的だ。

【次ページ】 ロナウド、ビジャを圧倒する数字。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

リオネル・メッシ
バルセロナ
クリスティアーノ・ロナウド
アンドレス・イニエスタ
シャビ・エルナンデス

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ