フランス・フットボール通信BACK NUMBER

女子サッカーフランス代表が大変貌!
W杯優勝候補が歩んだ紆余曲折。

posted2019/04/22 10:30

 
女子サッカーフランス代表が大変貌!W杯優勝候補が歩んだ紆余曲折。<Number Web> photograph by Pierre Lahalle/L'Equipe

女子代表チームを大幅に改造したコリーヌ・ディアクル監督(右から2人目)。ただ、4人のDF陣だけはほとんどいじらなかった。

text by

フランク・シモン

フランク・シモンFrank Simon

PROFILE

photograph by

Pierre Lahalle/L'Equipe

 6月7日に開幕するFIFA女子ワールドカップ。開催国として初優勝を狙うフランスは、4月のテストマッチでも日本(3対1)とデンマーク(4対0)に連勝し、コリーヌ・ディアクル監督のもと着々と準備を進めているように見える。

 だが、2011年ドイツ・ワールドカップではじめてベスト4に進出し、翌年のロンドン五輪でも同じく準決勝に駒を進めたフランスの、その後の道のりは決して平たんではなかった。世界の頂点が見えたときに、逆にベスト8の壁を越えられずに停滞を続けたのだった。その間、監督は2度にわたり交代し、チームも大きく変動した。

『フランス・フットボール』誌4月2日発売号では、世界制覇を目指すフランス女子代表の紆余曲折の4年間を、フランク・シモン記者が辿っている。はたしてフランスは、昨年の男子に続き女子も頂点を極めることができるのだろうか。

監修:田村修一

ずっと優勝候補と言われながら。

 木曜(4月4日)の日本戦、月曜(同8日)のデンマーク戦の準備のためクレールフォンテーンに集合したフランス女子代表23人のうち、4年前のカナダ・ワールドカップを経験した選手はわずか10人に過ぎなかった。

 フィリップ・ベルジュロー('98年ワールドカップ・フランス代表GKコーチ。パリ・サンジェルマン監督や男子のユース各世代の代表監督を長く務めた後に、2013年に女子代表監督に就任)に率いられた当時の代表は、自分たちが優勝候補であることを強く自覚していた。

 ドイツ・ワールドカップとロンドン五輪でともにベスト4に進んでおり、次の目標は「カナダ・ワールドカップ優勝」と彼女たちが意識するのは極めて自然であるといえた。

 チームはリヨンとパリ・サンジェルマン、ジュビシーという3つのクラブからほぼ構成されていた。

【次ページ】 あと一歩……でいつも敗退したフランス。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

コリーヌ・ディアクル
サキナ・カルシャウイ
グラス・ゲヨロ
イブ・ペリセ
マリーアントワネット・カトト

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ