“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

期待の大型CB三國ケネディエブス。
ペッキアの寵愛を受け、成長中。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2019/04/18 17:00

期待の大型CB三國ケネディエブス。ペッキアの寵愛を受け、成長中。<Number Web> photograph by Takahito Ando

プロ1年目からスタメンでの出場機会を得ている三國ケネディエブス。大型CBとして、秘めるポテンシャルは高い。

「安定感あるCBになりたい」

 失敗をただの失敗で終わらせない。

 だからこそ、彼は堂々とプレーできる。ペッキア監督はまさにそこに大きな可能性と魅力を見出しているのだった。

「安定感のあるCBになりたい。ファビオさんは僕の中で、熱意を感じる人。どんどん成長して『ファビオさんがいたから、今の僕がある』と言いたい。そのためにはもっと経験と練習を積み重ねないといけません。来月はU-20W杯があるので、アビスパでしっかりと試合に出続けることで、メンバーとしてピッチに立つ可能性は広がる。これまでと変わらずに積み重ねていきたいです」

 三國ケネディエブスは指揮官の大きな寵愛を受けながらも、それに甘えずに必死で応えようとしている。その幸せな関係は、彼の未来を切り開く。

 まずはポーランドの地で躍動することが、ペッキア監督への最初の恩返しになるはずだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

アビスパ福岡
三國ケネディエブス
ファビオ・ペッキア
青森山田高校

Jリーグの前後のコラム

ページトップ