JリーグPRESSBACK NUMBER

“秘伝のタレ”を知る子が続々代表に。
ヴェルディ育ちが受け継ぐ「匂い」。 

text by

海江田哲朗

海江田哲朗Tetsuro Kaieda

PROFILE

photograph byJFA/AFLO

posted2019/04/15 10:00

“秘伝のタレ”を知る子が続々代表に。ヴェルディ育ちが受け継ぐ「匂い」。<Number Web> photograph by JFA/AFLO

今や代表で10番を背負う中島(左)や代表デビューを飾った安西(中)、畠中(右)もヴェルディ育ちだ。

楽しむ中島を、先頭を走る安西を。

 チーム最年少の17歳、ユースから飛び級でのトップ昇格を果たした山本理仁は、いまの自分と同じ年頃の中島のプレーを記憶している。

「ユースのプレミアリーグの試合だったと思います。当時、僕は小学生で、ネットに張りついて翔哉くんのプレーを見ていました。巧さはもちろん、ボールを持ったら必ず仕掛けて、点を取りまくっていたのが印象に残っています。サッカーをとことん楽しむ。きちんと相手を見てプレーし、逆を取ったり、さらに遊び心みたいなものもプレーに織り交ぜていく。それが僕にとってのヴェルディのサッカーです」

 次代のホープである井上潮音は安西のふたつ下で、アカデミー時代から多くの時間をともに過ごした。

「幸輝くんは練習でいつも先頭を走り、試合でもチームで一番走っていた。代表デビューの試合はテレビで見ていました。憧れ……いやそんな目では見てないですね。本当にお世話になった先輩ですし、大事な仲間なんですけど、自分も同じ選手ですから。このまま負けてはいられない。いつか追いついて、一緒に上にいきたいという気持ちがより強まりました」

 アカデミーからトップまで同じ空気を吸い、四方八方から聞こえるボールを蹴る音。この場所には人知を超えた何かが宿るとされる、アニミズム的世界観が通底する。東京Vが数多くのプロを輩出し、ほかとは違う特別なクラブであり続ける理由だ。

関連記事

BACK 1 2 3
東京ヴェルディ
中島翔哉
三竿健斗
小林祐希
安西幸輝
畠中槙之輔
林陵平
河野広貴
井上潮音
山本理仁

Jリーグの前後の記事

ページトップ