Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<熾烈なるライバルの決闘>
川上憲伸×高橋由伸「22打数1本塁打の伏線」

posted2019/04/10 15:00

 
<熾烈なるライバルの決闘>川上憲伸×高橋由伸「22打数1本塁打の伏線」<Number Web> photograph by KYODO

text by

鈴木忠平(Number編集部)

鈴木忠平(Number編集部)Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph by

KYODO

大学野球の投打のスターとしてプロに入団したふたりのライバル関係はプロ1年目も引き継がれた。18.44mを隔てたマウンドと打席の決闘――。初対決から新人王争いまでの濃密な意識の交錯を当人の証言で再現する。

 1998年4月16日、東京ドーム。

 巨人と中日のシーズン最初の3連戦、その第三戦。スポットライトを浴びていたのはふたりのルーキーだった。

 慶應大で六大学リーグのホームラン記録(23本)を打ち立てた巨人・高橋由伸と、明治大のエースとしてリーグ通算28勝の中日・川上憲伸である。

 大学野球からプロ野球へと舞台を移しても続くライバル物語が人々を惹きつけた。ただ、ゲーム開始前までのお互いに対する意識は、じつは対照的なものだった。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

川上憲伸
高橋由伸
中日ドラゴンズ
読売ジャイアンツ
明治大学
慶應義塾大学

プロ野球の前後のコラム

ページトップ