JリーグPRESSBACK NUMBER

「でも感謝しかない」が柏木陽介の本音。
主将2年目、浦和だからこその大変さ。

posted2019/04/01 17:30

 
「でも感謝しかない」が柏木陽介の本音。主将2年目、浦和だからこその大変さ。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

走るファンタジスタとして台頭した柏木陽介も今年32歳となる。キャプテン2年目としてどのようなプレーを見せるか。

text by

塚越始

塚越始Hajime Tsukakoshi

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

 ホームでのFC東京戦を控えた3月28日、浦和レッズ主力組の全体メニューを終えた柏木陽介はスパイクからランニングシューズに履き替えて、2面あるピッチをゆっくりと20分ほど走った。

「少し距離を長めに走っておくことで、息が上がりにくくなるからと、ノブさん(池田伸康コーチ)からも言われていて。もともとそんなことはあまりないけれど、連戦で感じることがあったので。それで時間がある時に走るようにしています」

 まだサブ組はピッチに残り、オズワルド・オリヴェイラ監督のもとでフィジカルやシュートの練習を続けていた。そのなかには杉本健勇、山中亮輔、鈴木大輔ら今季加入した、他チームであればレギュラークラスの選手もいる。柏木はその様子を確認するかのように周囲を何度も走っていた。

「いやいや、キャプテンだから、というわけではない。どんな練習をしているのかな? と気になっていたけれど。もちろん試合に出られず、少なからずストレスを抱えている選手もいるとは思う」

いろいろ言われることもあるけれど。

 浦和でプレーして10年目、そしてキャプテンとして2シーズン目を迎える。

「(2シーズン目に)やれることは全力でやる。そう決めてチャレンジしています」

 どういう存在になっていけばいいのかと試行錯誤を重ねた1年を経て、柏木はその決意のもと、チームをまとめようと努める。

「でも、大変。浦和だからこその大変さがある。それによって成長もさせてもらっている。いろいろ言われることもあるけど、自分のやれることをただやるだけと思っている。意見を押し付けたりすることなく話し合って、どうしたほうがいいかは決めている。とはいえ、(チームをまとめる)正解があるわけではない。そこでストレスを抱えることはあるかな」

【次ページ】 「俺は支えてもらっている、と」

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

柏木陽介
浦和レッズ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ