ニッポン野球音頭BACK NUMBER

「明徳イズム」を引き継ぐ公立校。
勝因は“メイショウ”の分析にあり! 

text by

日比野恭三

日比野恭三Kyozo Hibino

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/03/28 17:30

「明徳イズム」を引き継ぐ公立校。勝因は“メイショウ”の分析にあり!<Number Web> photograph by Kyodo News

明石商業のエース中森が141球の力投。狭間監督の信頼も厚い。

勝っても、満足はしない。

 1アウト三塁となったところで、白須から継投した山田裕也がワイルドピッチ。その間に走者がホームを踏んで、明石商はほしかった追加点を手に入れた。

 最終的には7-1まで点差を広げたが、狭間に満足した様子はない。

「(エースの)中森、141球ですね。ちょっと投げすぎですよね。サードへのドラバン(ドラッグバント)の内野安打も普通はアウトなんでしょうけど、野手がもっとうまいことやってやらないと。そうやって球数が増えるということは、精度が低くなって、高めに入って、最後には打たれる。相手が強いチームになれば、そういうことになってきますので。(野手は)しっかり守ってやることと、(中森には)140球投げてもキレのある球を投げれるようになってくれたらなと思います」

 狭間にとっては、勝ってなお、目指す強さとの距離を感じた一戦だったのかもしれない。

 大分との対戦が決まった2回戦までは中2日。きっといまごろは、画面に穴があくほどの熱心さで相手の試合映像を見つめているに違いない。

関連記事

BACK 1 2 3 4
狭間善徳
馬淵史郎
明石商業高校
国士舘高校

高校野球の前後の記事

ページトップ