ニッポン野球音頭BACK NUMBER

「明徳イズム」を引き継ぐ公立校。
勝因は“メイショウ”の分析にあり!

posted2019/03/28 17:30

 
「明徳イズム」を引き継ぐ公立校。勝因は“メイショウ”の分析にあり!<Number Web> photograph by Kyodo News

明石商業のエース中森が141球の力投。狭間監督の信頼も厚い。

text by

日比野恭三

日比野恭三Kyozo Hibino

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 第91回センバツが大会5日目を迎えた3月27日。第1試合の終了に合わせてインタビュー会場で待機していると、背後の会話が耳に入ってきた。

 事情に明るくないらしい記者の質問に、事情に通じた記者が答える。

「メイショウ?」

「そうですね、メイショウのメイショウ」

 2人の間で、声にならない笑いが起きた。

 数分後、話題の人は勝利チーム用のお立ち台にのぼった。明石市立明石商業、略して明商の名将と称された、狭間善徳監督である。

 昨夏から2季連続、春は初出場だった2016年以来、甲子園にやってきたのは通算3度目だ。過去の成績は、ベスト8('16春)と初戦敗退('18夏)。名将などと持ち上げるのは早すぎるようにも思える。

明徳・馬淵監督の下で築き上げた野球観。

 だが、54歳のキャリアを知れば、誇張が過ぎるとは言い切れない。

 狭間は1993年からの14年間を、高知の明徳義塾に捧げた。寮の管理をしながらコーチとして中高の野球部を指導。その後、中学野球部の監督に就くと4度の全国優勝に導いた('00、'01、'03、'05年)。参加校数が9000にも上るという大会で優勝を重ねた事実は、卓抜した指導手腕抜きには説明がつかない。

 明徳義塾高校・馬淵史郎監督の傍らで学び、築き上げてきた野球観は、精巧に組まれた石垣のように隙がなく堅牢だ。そして内部に秘めたマグマが、石組みを赤みが差すほど熱いものにしている。

 今年1月の末、筆者は明石商を訪ねて狭間に話を聞いたが、約2時間ぶっ通しで関西弁の言葉の矢を浴び続けた。明徳時代の苦労や、公募によって明石商に着任してからの日々、野球や人生に対する考え方など、本が1冊書けそうなほど実にさまざまな話をしてくれた。

【次ページ】 相手を丸裸にする分析力。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

狭間善徳
馬淵史郎
明石商業高校
国士舘高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ