JリーグPRESSBACK NUMBER

浦和・橋岡大樹のプレーは心に響く。
槙野も認める「考えて落とし込む力」

posted2019/03/27 11:00

 
浦和・橋岡大樹のプレーは心に響く。槙野も認める「考えて落とし込む力」<Number Web> photograph by Getty Images

橋岡大樹は熱い浦和サポーターの声援を受け、右サイドを疾走している。世代別代表でもその情熱をもってプレーを続ける。

text by

塚越始

塚越始Hajime Tsukakoshi

PROFILE

photograph by

Getty Images

東京五輪まであと500日を切る中で、JリーグではU-22世代の若手有望株が続々と台頭している。短期集中連載として、2019シーズンに見ておきたい、五輪世代の各選手をピックアップした。今回は浦和レッズの橋岡大樹だ。
 

 プロ2年目を迎える浦和レッズのDF橋岡大樹はとらえどころがない。

 キャラクター的には、とても誠実。一方で底抜けに明るいのか、実はシビアで真面目なのか、いずれも備えているのか……。

 そしてプレー面で言えば、クラブではウイングバック、年代別代表ではセンターバックを務めており、果たしてどこがベストポジションなのか、それともどこでもこなせてしまうのか。

 2018年のU-19アジア選手権では主力を担い、U-20ワールドカップでも中心選手となれば、浦和の下部組織出身の選手としては初めてとなる。それだけに、レッズサポーターから寄せられる期待も大きい。

 3月の代表ウィーク、東京五輪世代にあたるU-22日本代表に、自身2度目の飛び級選出を果たした。昨年から久保建英らとともに、U-20代表とU-22代表を兼任している形だ。5月からポーランドで開催されるU-20W杯を経て、来年の東京五輪へ、そしてA代表に向かう――というステップアップが必然的に描かれる。

自身初のACLで、初の2ゴール。

 しかし……2019年は、いきなり躓いた。

 シーズン開幕を告げるゼロックス・スーパーカップで右ウイングバックとして先発したが、攻撃面やビルドアップでミスが目立ち、チームも0-1で敗れた。するとJリーグ開幕の仙台戦はベンチスタート、さらに2節のホーム開幕となった札幌戦はメンバー外に。ACLとの連戦だった影響もあったにせよ、昨季築いた不動のレギュラーの座は完全に剥奪された。

 3月6日、自身初めてのACLとなったブリーラム・ユナイテッド戦、橋岡は先発に復帰する。ここで結果を残せなければ、あとはない。オズワルド・オリヴェイラ監督の起用法は、間違いなく橋岡の尻に火をつけた。

 すると、19歳のDFはむしろその状況をチャンスと捉え、自身プロになって初の1試合2ゴールを決めて、チームの今季公式戦初勝利を手繰り寄せてみせた。

【次ページ】 どこかで慢心が生じていたのか。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

橋岡大樹
浦和レッズ
槙野智章
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

Jリーグの前後のコラム

ページトップ