JリーグPRESSBACK NUMBER

浦和・橋岡大樹のプレーは心に響く。
槙野も認める「考えて落とし込む力」 

text by

塚越始

塚越始Hajime Tsukakoshi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/03/27 11:00

浦和・橋岡大樹のプレーは心に響く。槙野も認める「考えて落とし込む力」<Number Web> photograph by Getty Images

橋岡大樹は熱い浦和サポーターの声援を受け、右サイドを疾走している。世代別代表でもその情熱をもってプレーを続ける。

どこかで慢心が生じていたのか。

「もっと頑張れ、もっとできるぞと、いろいろな声が聞こえてきました。いろんな選手から期待している、とも言ってもらえました。それを感じられて、また成長できる第一歩だと思いました」

 ブリーラム戦が行われたホームの埼玉スタジアムで、橋岡の耳にいろいろな「声」が届いたと言う。

「いろんな人の声を聞いて、また僕も頑張ろうと思えました。その謙虚さは忘れずにやっていきたいと思います」

 昨シーズンは、どんなにコンディションが悪くても先発で使われてきた。自分では決してそう思っていないが、どこかで慢心が生じていたのかもしれない。自問自答するなか、彼はそのように自覚した。

槙野から「自信を持っていけ」。

 スコアレスで折り返したブリーラム戦のハーフタイム、橋岡は槙野智章から助言を受けたという。

「もっとお前は中に入って行って、いろいろアイデアを出していいんじゃないか。すべてボールを足元に受けるだけではなく、中に入って、もっと自信を持ってやってみたらどうだ!」

「失点しないこと」を前提に考えすぎたため、本来の持ち味であるダイナミックさも失われていたと、ふと気付かされた。なぜ、自分がウイングバックで起用されているのか? 自問自答して、相手が嫌がるプレーを考えて実践に移した。そして迫力ある推進力をチームにもたらし、思い切ったアタックを2得点に結実させた。

「『来る』と信じて走り込みました。そこ(ゴール前)まで走り切ること。それが、自分の良さでもあります。またどんどん、そうしたプレーを増やしていきたいです」

【次ページ】 「僕は決して巧い選手ではない」

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

橋岡大樹
浦和レッズ
槙野智章
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

Jリーグの前後のコラム

ページトップ