JリーグPRESSBACK NUMBER

浦和・橋岡大樹のプレーは心に響く。
槙野も認める「考えて落とし込む力」 

text by

塚越始

塚越始Hajime Tsukakoshi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/03/27 11:00

浦和・橋岡大樹のプレーは心に響く。槙野も認める「考えて落とし込む力」<Number Web> photograph by Getty Images

橋岡大樹は熱い浦和サポーターの声援を受け、右サイドを疾走している。世代別代表でもその情熱をもってプレーを続ける。

「僕は決して巧い選手ではない」

 欠場したリーグ2試合。約2週間が、橋岡の反骨心を改めて呼び覚ます期間にもなった。

「僕は決して巧い選手ではありません。練習から一歩ずつ取り組むことが本当に大切だと改めて痛感しました。昨年はいくら悪いプレーをしても試合に出してもらえる自分がいて、でも常に謙虚さを忘れてはいけないなと。自分はそういう選手なんだと、いろいろな方の話を聞くなかでもう一度実感しました」

 いろいろ考えて、自分なりに答えを突き詰めた。それだけに掴んだ自信は大きかった。

「このチャンスで結果を残せたことには胸を張りたいです。かといって図に乗らず、毎日の準備を怠らず、それが結果につながるわけで、緩みも隙も見せず、努力を怠らず結果を求めていきたいです」

 そのように橋岡は自分自身に言い聞かせるように熱く語った。

考える力、プレーに落とし込む力。

 最終ラインでそのプレーを支えてきた槙野は、橋岡の前向きな姿勢を褒める。

「考える力、それをプレーに落とし込む力を感じます」

 その成長ぶりを見守ってきた彼は、19歳の吸収力に目をみはっていた。また、槙野はオリヴェイラ監督の意図も感じ取っていた。

「もしかすると、試合に出ることがどこか『当たり前』になっていたのを感じたオリヴェイラ監督が、原点に立ち返るように考えて、そのように(ベンチ外にするなど)したのかもしれません」

 何より橋岡は屈強な外国籍選手との1対1でも、走り合いでも、負けん気の強さを発揮していた。

「(対戦相手は)Jリーグよりも1対1をより積極的に仕掛けてくるので、球際は得意なところでもあるので、どんどん強さを出していこうとしました。いかにチームの勝利に貢献できるかだけ考えてプレーしました。勝利を絶対に持ってくると、そう思ってピッチに立ち、物おじせずできました」

【次ページ】 国際試合で燃えて力を発揮する。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

橋岡大樹
浦和レッズ
槙野智章
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

Jリーグの前後のコラム

ページトップ