欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

酒井高徳と宮市亮が“地獄”で対決。
昇格を争うハンブルクダービー。 

text by

杉山孝

杉山孝Takashi Sugiyama

PROFILE

photograph byUniphoto Press

posted2019/03/16 08:00

酒井高徳と宮市亮が“地獄”で対決。昇格を争うハンブルクダービー。<Number Web> photograph by Uniphoto Press

4位ザンクトパウリとの上位勢対決を制したハンブルガーSVは現在2位(3月14日時点)。ブンデス1部返り咲きがいよいよ射程圏内に入ってきた。

酒井と宮市は冷静だった。

 スタンドの暴走した熱気とは裏腹に、試合後の日本人選手たちは冷静だった。酒井は、「しっかりしたパフォーマンスを出せば勝てる、優位に試合を進められるという僕らの自信が、しっかりピッチに出ていたと思います」と胸を張った。

 敗れた宮市もダービーの雰囲気が独特であることを認めつつ、「ゲーム内容は納得いくものではなく、ファンには申し訳ない試合になりましたが、しっかり切り替えていきたい」と、勝って兜の緒を締める酒井同様、すぐに次の試合に目を向けていた。

 ザンクトパウリの熱いファンも、日本人選手たち以上に“場数”を踏んでいる。こんなことには慣れっことばかりに、試合終了後も長らくスタジアムや周辺で、変わらずビールを片手に語り合い、笑い合っていた。

 次のハンブルクダービーはいつ、どの舞台で開催されるのか分からない。いずれにせよ、スリルと興奮に満ちた決戦となるに違いない。

関連記事

BACK 1 2 3 4
酒井高徳
宮市亮
ハンブルガーSV
ザンクトパウリ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ