リーガ・エスパニョーラ最前線BACK NUMBER

コウチーニョ、バルサ2年目の迷い。
イニエスタの後継と目された不幸。

posted2019/03/17 10:00

 
コウチーニョ、バルサ2年目の迷い。イニエスタの後継と目された不幸。<Number Web> photograph by Uniphoto Press

CLリヨン戦ではゴールを決めたコウチーニョだが、リバプール時代の力を発揮できているとは言い難い。

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph by

Uniphoto Press

 ホームのカンプノウに19位ラージョ・バジェカーノを迎えたリーガ第27節の80分、バルセロナが選手交代を行うと、スタンドから拍手に混じって指笛が聞こえた。

 ラキティッチと代わって退場するコウチーニョに、観客が不満を示したのだ。

 この日のコウチーニョは3トップの左で先発し、相手陣内でのパス廻しに絡んでいた。統計サイト『WhoScored.com』によると、ボールに触れた回数はチーム6番目の86回で、出したパス数も5位の68本。パス成功率は50本以上出した選手の中では5位の88.2%で、ロングパスに関しては蹴った4本すべてを通している。

 並の選手やカンテラ上がりの若者なら、及第点はもらえるパフォーマンスだ。しかし、コウチーニョはクラブ史上最も高価な助っ人である。

 昨年1月、バルサは1億2000万ユーロ(約150億円)を越える移籍金をリバプールに支払うことを約束しているため、観客が彼に向ける目は自ずと厳しくなってしまう。また、指笛は当夜の出来だけに対して吹かれたわけではない。

「悪くはないが」ばかり。

 バルサの一部サポーターは、コウチーニョがなかなか活躍しないことに苛立っている。昨季の彼は、リーガ18試合1303分で8得点5アシストを記録した。

 バルサの難しいサッカーに飛び込んですぐこれだけやってのけたのだから、チームへの順応を終えた今季は大いに期待されるのも当然である。

 なのに、いつまで経ってもラージョ戦同様「悪くはないが」という試合ばかりで、勝利を決定的に引き寄せるプレーは滅多に見られない。

 シュートを撃つタイミングがコンマ数秒早ければ、あるいは遅ければ――。

 もしくは、コースがあと数cm右、あるいは左にずれていれば――。

 そんなシーンが、これまで何度もあった。シュートを相手ゴール前でのパスに変えてもいい。とにかく、コウチーニョは挑んできた。けれど、なかなか結果がついてこないのだ。

【次ページ】 4-3-3システムでの戸惑い。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

フィリペ・コウチーニョ
バルセロナ
アンドレス・イニエスタ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ