プロ野球亭日乗BACK NUMBER

秋山翔吾、筒香嘉智が抜けたら……。
メキシコ戦で見えた侍ジャパンの遠謀。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/03/11 17:50

秋山翔吾、筒香嘉智が抜けたら……。メキシコ戦で見えた侍ジャパンの遠謀。<Number Web> photograph by Kyodo News

メキシコとの2試合では、上林誠知の「動く球」への対応力が際立った。1番起用のメドは立ったか。

メジャーの「動く球」への対応を。

 ボールを引きつけて左右に打ち分けられる秋山のスイングスピードとバットコントロールは、日本人で右に出る選手はいない。海外投手独特の動くボールへの対応という点で、国際試合では代わりのきかない選手の1人だったわけである。

 その秋山がこのオフにもメジャー移籍となれば、東京五輪はもちろん、11月の「プレミア12」で日本代表に参加できる可能性は、ほぼ皆無となる。

 代えの利かない存在だった秋山に代わる1番打者は一体誰になるのか? 

 そのミッションの答えがメキシコ戦で見えてきた。

 ソフトバンクの上林誠知外野手である。

「どの投手でも打っていけるかなと」

 試合前のスタメン発表。

 オープン戦ではここまで4試合で13打数2安打の打率1割5分4厘と絶不調で、8番を打つこともあっただけに、いきなりの1番起用は予想もしていなかったという。

「1番目に呼ばれるとは思っていなかったので、少し差し込まれてしまいました」

 こう振り返った上林だが、第1打席で初球のストレートを中前にはじき返すと、3回の第2打席もセンター前安打。7回の1死無走者からの第4打席も右前安打と3本の固め打ち。何より五輪の1番候補として存在感を示せたのが、メキシコ投手陣の動くボールを全く苦にせずに打ち返していたことだった。

「よく(ボールが)動く、動くと言われるんですけど、確かに動きますが、バッティングはタイミングが一番大事なんです。そこさえ合わせていければ、どの投手でも打っていけるのかなと思います」

 フル代表初参加となった昨年の日米野球でも21打数10安打と圧倒的な数字を残して大会首位打者にも輝いている。

 オープン戦では逆方向を意識しすぎて、逆に打つときに左肩が下がってしまう悪い癖が出ていた。メキシコ戦でも、5番に入った第2戦は4打数2三振と決して絶好調ではない。それでも自分のタイミングでボールを捉えることに専心できれば、ベース板の上で大きく動くようなメジャー仕様のボールでも苦にすることなく捉えることができる。

 そういう意味では国際試合で1番を任せられる、秋山の代役をこなせる数少ない選手と言えるわけである。

【次ページ】 秋山、筒香と1番、4番が消える!?

BACK 1 2 3 NEXT
上林誠司
秋山翔吾
稲葉篤紀
吉田正尚
筒香嘉智
福岡ソフトバンクホークス
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

プロ野球の前後のコラム

ページトップ