プロ野球亭日乗BACK NUMBER

秋山翔吾、筒香嘉智が抜けたら……。
メキシコ戦で見えた侍ジャパンの遠謀。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/03/11 17:50

秋山翔吾、筒香嘉智が抜けたら……。メキシコ戦で見えた侍ジャパンの遠謀。<Number Web> photograph by Kyodo News

メキシコとの2試合では、上林誠知の「動く球」への対応力が際立った。1番起用のメドは立ったか。

秋山、筒香と1番、4番が消える!?

 このオフには秋山だけでなく、侍ジャパンの絶対的4番だったDeNA・筒香嘉智外野手もメジャー移籍の可能性があり、チームの屋台骨を支えてきた1番と4番が消えるという非常事態も起こりうる。

 ただ筒香に代わる4番候補にはソフトバンクの柳田悠岐外野手や巨人の岡本和真内野手、さらにこのメキシコ戦では満塁弾を含めて2試合5打数4安打の6打点と爆発したフルスイング男・吉田も4番候補へと名乗りを挙げている。

 しかしポスト秋山となる1番候補はなかなか名前が挙がってこなかったのが実情なのだ。

「僕の中ではメジャーに挑戦する選手は心の底から応援したい。1年でも早く行った方がいい」

 こう語る稲葉監督はだからこそ、このメキシコ戦でその際の危機管理を最大のテーマとしていたわけである。

「例えば秋山選手がいなくなってしまったというときに、『それじゃあ上林選手がいるじゃないか。全然、いけるよね』と」

 テーマが見えて、1つの答えも見えてきた。

 そこがメキシコ戦での収穫だったわけである。

「結果が出て自信がついてきたら……」

「(秋山)翔吾さんとかいますし、レギュラー陣が入ってきた中でどうかなというところがあるし、あまりこだわりはありません」

 こう語る上林だが、それでも意欲は十分にある。

「(代表に)選ばれてシーズンで結果が出て自信がもうちょっとついてきたら打ちたいかなと思うかもしれませんが、今はまだ分からないですし、結果も勝っていない。まずそこで勝っていかないと、1番とかそういう先は見えてこないと思います」

 上林自身の中でも、侍ジャパンで秋山翔吾の後継者となるためのテーマは、はっきり見えている。

関連コラム

BACK 1 2 3
上林誠司
秋山翔吾
稲葉篤紀
吉田正尚
筒香嘉智
福岡ソフトバンクホークス
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

プロ野球の前後のコラム

ページトップ