野球のぼせもんBACK NUMBER

“右の柳田悠岐”になるはずだった男。
真砂勇介は、今年こそ化けるか? 

text by

田尻耕太郎

田尻耕太郎Kotaro Tajiri

PROFILE

photograph byKotaro Tajiri

posted2019/02/28 10:30

“右の柳田悠岐”になるはずだった男。真砂勇介は、今年こそ化けるか?<Number Web> photograph by Kotaro Tajiri

ロングティーの練習をする真砂勇介。走力、遠投、背筋力などの身体能力でズバ抜けており、未来の大砲としての期待が大きい。

狙い目は……内野の方か。

 あとは、結果だ。

 ただ並大抵ではダメだ。

 ホークスの外野陣は柳田、上林、そして中村晃でほぼ決まりだ。彼らにアクシデントでもない限り、普通に考えればチャンスは巡ってこない。

 隙があるとすれば内野の方だ。なかでも三塁手は松田宣浩を脅かす存在が台頭せず、ホークスの大きな課題となっている。

「高校1年生の時は内野もやっていて、試合でファーストも守っていました。だけど高校レベルで“クビ”になった守備ですから」と真砂は言う。

 そもそも外野から内野の転向は難しいのは承知の上だ。だが、この世界で生き残りたいのなら、事を起こすべきかもしれない。

 キャンプが終わる頃に提案するのも恐縮だが、勝負する手はいかがだろうか。

関連記事

BACK 1 2 3 4
真砂勇介
柳田悠岐
上林誠知
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後の記事

ページトップ