野球のぼせもんBACK NUMBER

“右の柳田悠岐”になるはずだった男。
真砂勇介は、今年こそ化けるか?

posted2019/02/28 10:30

 
“右の柳田悠岐”になるはずだった男。真砂勇介は、今年こそ化けるか?<Number Web> photograph by Kotaro Tajiri

ロングティーの練習をする真砂勇介。走力、遠投、背筋力などの身体能力でズバ抜けており、未来の大砲としての期待が大きい。

text by

田尻耕太郎

田尻耕太郎Kotaro Tajiri

PROFILE

photograph by

Kotaro Tajiri

 ミギータ。

 その愛称が生まれたのは、今から3年前の春季キャンプだった。

 名付け親は当時二軍打撃を担当していた藤本博史コーチ。当時手術明けでB組調整だった柳田悠岐と並んでロングティーを行っていた若い右打者の飛距離に、コーチは驚嘆の声を上げた。

「オマエすごいぞ。右のギータやな。ミギータや!」

 その若鷹の名は、真砂勇介。

 苗字は「まさご」と読む。

2年前、大ブレイクしたはずのスラッガー。

 その'16年当時にプロ4年目だった真砂はウエスタン・リーグで自身初めて規定打席をクリア。90試合出場で打率.295、7本塁打、44打点、18盗塁の成績を残した。そして、その年の秋だった。

 メキシコで開催された「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」に23歳以下の侍ジャパンの一員として参戦すると、全9試合において“若サムライ”の4番打者に抜てきされたのだ。

 すると主砲として大活躍。決勝戦での特大弾を含む計4本塁打を放ち、日本代表は見事に初代世界王者となった。真砂は大会ベストナイン選出とともに大会MVPという最高の栄冠にも輝いた。

「まさかの4番バッターですよ。それまでホークスの二軍でも4番を打ったことはなかったのに」

 帰国して声を掛けると、細く切れ長の目をちょっと見開いて驚いた表情をした真砂。これはもうブレイク必至。ホークスの未来は安泰だと深く頷いたのだった。

 しかし今、その現実はない。

【次ページ】 先にブレイクした上林誠知。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

真砂勇介
柳田悠岐
上林誠知
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後のコラム

ページトップ