欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

香川真司「周りがいくら騒ごうが」
熱狂のベシクタシュで今思うこと。
 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byAFLO

posted2019/02/14 11:00

香川真司「周りがいくら騒ごうが」熱狂のベシクタシュで今思うこと。<Number Web> photograph by AFLO

ホーム初戦で香川は得点に絡めなかったが得意のターンで攻撃のリズムを作った。ファンの期待も日ごとに高まっているようだ。

攻撃でうまく連係できたら。

 そこで紹介したいのは、UEFAが選定するクラブランキングである。直近5シーズンのUEFA主催大会での成績を元にしたものだが、イスタンブールに本拠地を置くトルコ3強のランキングは以下の通りだ。

 ベシクタシュ22位、フェネルバフチェ47位、ガラタサライ70位(ドルトムントは11位)。

 ベシクタシュは3強で最も上のランキングにつけている。チームを率いるギュネシュ監督は、2000年7月から2004年6月30日までトルコ代表監督を務めた。日韓W杯で収めた3位という成績は、トルコサッカー界の金字塔でもある。

 今季はイスタンブール・バシャクシェヒルFKが首位を快走している。そこから勝ち点6離された2位にガラタサライが、さらに勝ち点3差の3位にベシクタシュがつけている。

 そんな新天地トルコでの2試合を終えた香川はこう話す。

「サッカーの仕方、クオリティーは(ドイツと)違ったものかなと思います。スペースがあると感じる一方で、個の強さがある。攻撃で上手く連係できたら、もっとスムーズに点が獲れるのかなと思います。

 出場時間がだんだん増えていっているのは、非常に良いこと。ただ仲間とのポジショニングやボールが欲しいタイミングには少しズレがあります。練習でもそうなので、次の1週間に向けて修正していかないと、と思います」

クロス勝負が多いベシクタシュ。

 ベシクタシュは今シーズン、ここまでリーグ2位の40ゴールと上々の成績だ。そんな彼らの攻撃には明確な特徴がある。

 ロングパスの割合がガラタサライやフェネルバフチェ、首位バシャクシェヒルよりも多い。さらにクロス数、ヘディングでのゴール数とシュート数、そして1試合当たりのペナルティエリアでのタッチ数もリーグトップである。

 シンプルな形でサイドにボールを送り、そこからのクロスに選手がゴール前へなだれ込んでいく。その力強さは、熱狂的なサポーターの作り出す雰囲気に後押しされている面もあるだろう。ただそれゆえに、攻撃が単調なクロス一辺倒になってしまう側面もある。

 そこにこそ、香川が活きる道はある。

【次ページ】 引いてボールを受けられれば。

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

香川真司
ベシクタシュ
ドルトムント

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ