リーガ・エスパニョーラ最前線BACK NUMBER

5kg減量で「過去最高」のベンゼマ。
クリロナ移籍で手にした自由を謳歌。

posted2019/02/15 08:00

 
5kg減量で「過去最高」のベンゼマ。クリロナ移籍で手にした自由を謳歌。<Number Web> photograph by UNIPHOTO PRESS

点が取れないFWというイメージを完全に払拭しつつあるベンゼマ。R・マドリーでのキャリアハイ24点を超えるか。

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph by

UNIPHOTO PRESS

 1カ月前、「ソラーリ体制になってもR・マドリーは不調のまま」と書いた。

 ところが、その後チーム状態は快方へと急変し、現在は年初のつまずきがウソのような勢いで前進を続けている。

 数字にすると、リーガだけならば第20節セビージャ戦から前節のアトレティコ戦まで12得点3失点で4連勝。レガネス戦第2レグ以降の国王杯を合わせると、20得点8失点。8戦して6勝1分1敗という戦績だ。

 得点不足は解消され、国王杯準決勝第1レグでは3カ月前に5-1で苦杯を嘗めたカンプノウで、バルサと互角(1-1)に渡り合っている。

 自信が感じられるようになった試合運びのベースには、心身ともコンディション改善が明らかなモドリッチやクロースに加え、セルヒオ・ラモス、バラン、カゼミーロが中心の組織的かつ能動的な守備がある。

「過去最高のベンゼマだ」

 一方、勝利をもたらす攻撃はベンゼマの好調がカギとなっている。

 R・マドリーでのベンゼマといえば、得点の少なさが特徴で、サポーターからしばしば非難されることに対してこう語ったことがある。

「ピッチの上で俺が何をしているのか理解できない人もいるだろう。俺はサッカーをよく知っている人のために、自分の最高のパフォーマンスでチームメイトを助けるためにプレーしているんだ」

 それが、いまは明快。ここひと月のリーガと国王杯で6得点しているからだ。

「過去最高のベンゼマだ」

 ランスの元監督ジャン・ギュイ・ワレンムはエル・パイス紙で評している。

「他のシーズンと比べて、明らかに効率が良い。プレーに無駄がない。ゴールチャンスも周りのサポートも減り、シュートを放つ状況は難しくなり、チームのサッカー自体が数年前と比べて劣化しているのに、彼のパフォーマンスレベルは落ちていない」

【次ページ】 ロナウドが去り、攻撃の責任が集中。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

レアル・マドリー
カリム・ベンゼマ
クリスティアーノ・ロナウド

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ