マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

プロ野球、コーチの年俸が低すぎる?
なぜ「指導」の対価は上りづらいか。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/02/07 11:00

プロ野球、コーチの年俸が低すぎる?なぜ「指導」の対価は上りづらいか。<Number Web> photograph by Kyodo News

ソフトバンクはやはりコーチの待遇もいい。本多雄一のような選手を招聘できることの価値は計り知れない。

対価が指導現場の隠れた問題?

 たとえば、野球部の指導者は部員から「部費」を集めて、その中から「指導費」として、いくばくかのお金を得ても個人的には構わないと思っている。

 部員たちが「一生の友」として大切にしていける野球という競技を教えながら、ある意味で家族、両親に代わって、もっと大切な人としての「しつけ」を施す。そんな大役を担う者が、無償でよいわけがないだろう。

 もしかして、そこのところに正当な「対価」が支払われていないことが、指導者たちのストレスの意外に大きな部分を占めているとしたら……。

 それが、指導の現場のさまざまな問題の、実は「隠れた主な要因」になっていたとしたら……。

 指導者たちの「指導」のあり方という難題の本質の“断片”が、そこに見え隠れしているような、そんな気さえしてきて、私の心はとてもモヤモヤとしている。

関連記事

BACK 1 2 3 4

プロ野球の前後の記事

ページトップ