“Mr.ドラフト”の野球日記BACK NUMBER

根尾昂はいつ中日で優勝できる?
松坂、田中、大谷の例を見てみると。

posted2019/02/06 11:45

 
根尾昂はいつ中日で優勝できる?松坂、田中、大谷の例を見てみると。<Number Web> photograph by Kyodo News

与田監督から早期一軍合流の話も出ている根尾昂。中日にポジティブな空気をもたらしてほしい。

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 根尾昂(内野手・大阪桐蔭→中日)のニュースが毎日、ネットやスポーツ紙に大きく取り上げられている。これほど話題になる新人は、過去中日にこれまでいただろうか……。

 2012年の高橋周平(内野手・東海大甲府)、'07年の堂上直倫(内野手・愛工大名電)……いやいや、そんなレベルではない。私の記憶では1988年の立浪和義(内野手・PL学園)以来の騒がれ方である。

 この根尾の存在は、中日にとってとてつもない追い風になると思う。

広角に打ち分けられる技術。

 中日は投手陣も弱体だが、野手陣も弱い。昨年、首位打者と最多安打の二冠に輝いているベストナイン(一塁手)のビシエド、今季31歳になる平田良介、33歳の大島洋平……彼ら以外に安定した戦力はいないと言っていいのではないか。そういう中で、根尾は「即戦力」としての魅力に溢れる。

 昨夏の甲子園大会3回戦では高岡商のドラフト候補・山田龍聖(JR東日本入社予定)から第3打席でライト方向に二塁打。

 準々決勝の浦和学院戦では第1打席で渡邉勇太朗(西武2位)の140キロストレートを左中間にホームラン。

 決勝の金足農戦では吉田輝星(日本ハム1位)から第3打席で140キロストレートをバックスクリーンに放り込んでいる。

 紹介した打球でわかるように、広角に打ち分ける技術をすでに持っており、差し込まれたかと思うところから、さらに押し込んでホームランにするパワーもある。打った相手はドラフト候補や上位指名された本格派ばかりである。

 夏の甲子園大会が終わってから行われた侍ジャパンの壮行試合、高校日本代表対大学日本代表戦では田中誠也(立教大学3年)、小島和哉(ロッテ3位)からヒットも放っている。技術的にも実績でも文句はない。

【次ページ】 守備は京田に軍配が上がるが。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

根尾昂
中日ドラゴンズ
与田剛
松坂大輔
田中将大
大谷翔平

プロ野球の前後のコラム

ページトップ