ワインとシエスタとフットボールとBACK NUMBER

ベトナム代表を熟知するトルシエが、
森保Jに伝えたい「危険さ」とは。 

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2019/01/24 13:00

ベトナム代表を熟知するトルシエが、森保Jに伝えたい「危険さ」とは。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

ここまでの戦いで森保ジャパンは急激に成熟の度を増してきた。優勝まで……あと3勝だ。

ベトナムはとても成熟したチームである。

「一方、ベトナムにとっては難しい試合ではない。

 チームは良く組織されているので、相手の攻撃を受け止められるだろう。そして攻撃では、カウンターを駆使して日本に問題を生じさせることができるわけだ。

 理論上は日本が優位であるのは間違いないが、決して簡単な試合にはならないはずだ。

 実際、ベトナムは強敵を相手にしても戦えることをここまでに示してきている。敗れたがイラン戦は素晴らしい試合だった。1対0とリードされた後も決定的な得点チャンスを作ったし、チームはとても成熟している。

 ラウンド16のヨルダン戦にしても……PK戦であっても勝ちあがるのは簡単なことではないが、プレッシャーに負けず彼らはとても落ち着いていた(1-1で引き分けの上、PK戦でベトナム勝利)。

 日本戦に向けては、もちろん延長戦の疲れは残っているだろう。しかし彼らには失うものは何もないのだから。

 精神的にも解放されているし自信も得た。日本との対戦を楽しみにしているはずだ。

 日本がボールを支配するのは間違いないが、現状では日本はセットプレーを除き流れの中でなかなか好機を作りだせていない。

 ベトナムが大きなミスをすることなく、ヨルダン戦やイラン戦のような戦いができれば試合はそう一方的なものにならず、均衡を保つようになるだろう」

――決して侮ってはいけない「危険な相手」……ということですね?

「その通りだ。現在のアジアカップにおいて、準々決勝は決して簡単な試合ではない。

 すべてが可能で――ベトナムはそれを実現する手段も持っている、と考えなければならない」

【次ページ】 ベトナムには恐れるものが何もない。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

フィリップ・トルシエ
武藤嘉紀
柴崎岳
堂安律
遠藤航
原口元気

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ