フランス・フットボール通信BACK NUMBER

フランスではすでに“王様”扱い!?
ムバッペ、栄光に包まれた2018年。

posted2019/01/11 11:30

 
フランスではすでに“王様”扱い!?ムバッペ、栄光に包まれた2018年。<Number Web> photograph by Stephane Mantey

20歳にしてフランスサッカー史だけでなく世界のサッカー史に永遠に消えない名を刻むこととなったキリアン・ムバッペ。

text by

デーブ・アパドゥー

デーブ・アパドゥーStephane Mantey

PROFILE

photograph by

Stephane Mantey

『フランス・フットボール』誌12月26日発売号は恒例の年末表彰号である。最優秀選手と最優秀監督、最優秀会長、最優秀外国人選手、2部最優秀選手と最優秀監督、最優秀プロモーション、一番の快挙、一番の躍進、“プリ・オロンジュ(最もいい思いをした人)”と“プリ・シトロン(最も苦い思いをした人)”。表彰の種類と多様さもフランスならではといったところである。

 ちなみに同号では、こちらも恒例の大陸別代表チームランキングも発表しており、ヨーロッパはフランス、アジアは日本が1位に選ばれた。

 アジアのランク付けが始まった1998年から、日本はこれで8度目の1位獲得。続くのがイランとオーストラリアの4回だから、この20年間で日本がいかにアジアのヘゲモニーを確立しているかがわかる。

 さて、2018年フランス最優秀選手賞にはキリアン・ムバッペが選ばれた。

 ワールドカップとクラブでの活躍ぶり、何よりも驚異的なパフォーマンスから当然の受賞ともいえるが、過去の受賞者たちによる投票(現役選手は自分に投票できない)では、僅差でラファエル・バランとアントワン・グリーズマンを下した(ムバッペ127ポイントに対しバラン109ポイント、グリーズマン107ポイント)のだった。

 接戦になったのはそれだけ2018年のフランスが充実していたことの証明でもあり、ムバッペの受賞は彼に対するフランスの期待の表れでもある。本文にも出てくるが、フランス人たちは本気でムバッペが「第2のペレ」になれるかどうかを議論している。

 受賞のレポートでは、デイブ・アパドゥー記者がムバッペのこの1年を、節目となる出来事を“ランデブー(出会い・邂逅)”という形で列挙しながら振り返っている。ワールドカップ以外にもムバッペの2018年には何があったのか。読者の皆さんも思い返して欲しい。

監修:田村修一

ムバッペの驚異の1年間を振り返る。

 この1年間でキリアン・ムバッペは、パリ・サンジェルマン(PSG)で不可欠な選手となりフランス代表でも無視できない存在となった。そして何よりも彼自身の進歩が目覚ましかった。フランス人選手として最も活躍したのは誰の目にも疑い得ない。さらなる期待が彼にはかかる。

 もちろんこのロケットが、ずっと長い時間軌道に乗って飛び続けられるかどうかは疑わしい。しかし、そもそも誰もそのロケットが、あれほど速くそして高く飛ぶとは想像もしていなかったはずだ。

 キリアン・ムバッペにとって2018年は、あらゆるジャンルの記録を塗り替える挑戦の年であったというだけではない。多くのタイトルを獲得し、そのうちのひとつは世界チャンピオンという最も輝かしいものであった。

 そしてトロフィーの威信と輝き以上にムバッペは、彼自身の魅力によって人々の心をとらえた。パリ近郊のボンディに生まれたひとりの若者は、世界中の注目を浴びるスター候補に一躍躍り出たのだった。

【次ページ】 2月25日:クラシコとのランデブー。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

キリアン・ムバッペ
ペレ
リオネル・メッシ
パリ・サンジェルマン
PSG
ネイマール
ラファエル・バラン
アントワン・グリーズマン
トーマス・トゥヘル

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ