バスケットボールPRESSBACK NUMBER

高校バスケの祭典ウインターカップ。
“ネクスト八村塁、渡邊雄太”は誰だ。 

text by

青木美帆

青木美帆Miho Aoki

PROFILE

photograph byMiho Aoki

posted2018/12/26 07:00

高校バスケの祭典ウインターカップ。“ネクスト八村塁、渡邊雄太”は誰だ。<Number Web> photograph by Miho Aoki

尽誠学園時代の渡邊雄太。今やNBAプレーヤーとなった彼もウインターカップでプレーした1人だ。

八村に続き今野も米大学へ。

 中学時代の最高成績は3年時の全国2位。現地で戦いぶりを見ていたが、まさか日本バスケの歴史を変える男になるとは予想だにしていなかった。明成高校の佐藤久夫氏いわく、「八村はオンリー・マイウェイ」。名将のもとで心技体を鍛えたことで、飛躍的に伸びた。

 高校2年生のウインターカップ後に学校を訪れ、まとまった時間インタビューさせてもらう機会があったが「国際大会で自分よりでかい相手と戦うのが楽しい」「海外でしか本気で戦えないところがある。練習相手がいない」と率直に話し、すでに国内では収まり切らないスケールの大きさを漂わせていた。

 今年、八村と同じく宮城県の高校からアメリカの一流大学に進む選手が現れた。聖和学園高校の今野紀花だ。178cmの上背を持ちながら、小柄なガードにひけをとらないテクニックの持ち主。そのポテンシャルが評価され、昨季NCAAトーナメントのファイナル4(準決勝)に進んだルイビル大からオファーを受け、来秋に進学する。

 中学時代に全国3位。全国の相当の強豪校から誘いを受けたが、県選抜の仲間と中学時代のリベンジを果たすために地元・宮城に残った。国内ラストゲームは3回戦の岐阜女子戦(69-87)。序盤にファールがかさんだものの、19得点6アシストと意地を見せた。

渡邊雄太は留学生相手に……。

 メンフィス・グリズリーズと2ウェー契約を結び、田臥に続くNBAプレーヤーとなった渡邊雄太。206cmの長身で自在にボールを操り、NBAのスター選手をブロックし、軽やかにコートを駆けてダンクシュートを沈める。そのプレーぶりはこれまでの長身日本人選手像を大いに覆すものだ。

 彼は八村とは異なり、ウインターカップで勝てなかった男だ。香川・尽誠学園高校2年時、3年時に決勝の舞台に立ったが、頂点には立てなかった。相手はいずれも、セネガルからの留学生ジュフバンバ(現川崎ブレイブサンダース)を擁した宮崎・延岡学園高校だった。

 日本の長身選手は、高さとパワーを兼ね備えた留学生センター相手に得点を取る際に、かわすプレーを選択する者も多い。しかし、渡邊は非常に細身な身体ながら彼らと真っ向からぶつかり合い、戦った。そのプレースタイルは、現在の彼のプレーの原点とも言えるものだ。

【次ページ】 桜丘・富永という有望株。

BACK 1 2 3 4 NEXT
田臥勇太
八村塁
今野梨花
渡邊雄太

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ