バスケットボールPRESSBACK NUMBER

高校バスケの祭典ウインターカップ。
“ネクスト八村塁、渡邊雄太”は誰だ。 

text by

青木美帆

青木美帆Miho Aoki

PROFILE

photograph byMiho Aoki

posted2018/12/26 07:00

高校バスケの祭典ウインターカップ。“ネクスト八村塁、渡邊雄太”は誰だ。<Number Web> photograph by Miho Aoki

尽誠学園時代の渡邊雄太。今やNBAプレーヤーとなった彼もウインターカップでプレーした1人だ。

非名門校からもスターが。

 馬場しかり長崎県立長崎西高校を大会ベスト16に導いた田中大貴(A東京)しかり、地方の「非名門校」からもスターは現れる。

 その片鱗を見せているのが、広島県立広島皆実高校の三谷桂司朗だ。身長191センチのオールラウンダー。昨年1年生にして高校総体8強入りに貢献し、U16、U18日本代表入り。今大会は初戦で桜丘に敗れたものの32得点を挙げ、藤井貴康コーチは「プレーの幅を広げさせたい」と来季はスモールフォワードとしてプレーさせる構想を明かした。

 中学時代から185cmの上背があり、県2位で中国大会にも出場している三谷。当然県外の強豪校から誘いがかかったのだろうと思ったが、広島皆実を即決したためスカウトの有無は不明だといい、県外に出るという選択肢や代表入りなど考えたこともなかったという。

 しかし高校入学後、彼を取り巻く環境は大きく変化している。

「入学時はただバスケットが好きでやっていただけなんですけど、今は将来的にはプロになって、日の丸を背負って戦いたいという気持ちが強くなっています」

 しっかりとした口調でそう答えた。

様々な背景の選手の集大成。

 ウインターカップには毎年、様々な背景を持つ選手たちが集まる。恵まれた環境で順調に育つ選手もいれば、伸び悩む選手もいる。大きなアリーナをまぶしい表情で見つめる選手たちに頬がゆるみ、地元選手のみで構成されたチームの戦いぶりに胸をすかせ、高校3年間に終わりを告げるブザーに目頭が熱くなる。

 ウインターカップは12月29日まで東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで開催されている。決勝戦はテレビ放送あり。連日ネット中継も行われている。

 忙しい年末のひと時、高校バスケの真剣勝負に思いを馳せてみてはいかがだろうか。

関連記事

BACK 1 2 3 4
田臥勇太
八村塁
今野梨花
渡邊雄太

バスケットボールの前後の記事

ページトップ