フランス・フットボール通信BACK NUMBER

欧州サッカー界の異端児ナインゴラン。
「喫煙、タトゥーをなぜ隠すのか?」

posted2018/12/28 10:00

 
欧州サッカー界の異端児ナインゴラン。「喫煙、タトゥーをなぜ隠すのか?」<Number Web> photograph by Sebastien Leban/L'Equipe

ナインゴランの背中には、母親の誕生日と命日のタトゥーがある。カトリック教徒でもある。

text by

ヴァレンティン・パウルッツィ

ヴァレンティン・パウルッツィValentin Pauluzzi

PROFILE

photograph by

Sebastien Leban/L'Equipe

 奇抜なモヒカンへアーと全身に施したタトゥー。インテルに所属するラジャ・ナインゴランは周囲から完全に浮いた存在である。その風貌、その言動、その考え方から彼は、これまでピッチ内外で幾度となく辛辣な扱いを受けてきた。だが、同時にそんなナインゴランの特異性こそが、彼に自由を与えてもいることも事実だった。

『フランス・フットボール』誌11月27日発売号ではヴァレンティン・パウルッツィ記者が、セリエAでも独自の個性が際立つナインゴランの素顔に迫っている。

監修:田村修一

「人としてノーマルな人生を歩みたい」

――ロシアワールドカップのベルギー代表に招集されずに、あなたは国際舞台からの引退を余儀なくされました。表向きはそうなっていますが、現実には(代表から排除されたのは)あなた自身の不良を連想させるスタイルと大きな関係があると思いますか?

「それこそが僕に押された烙印だ。僕はただ人としてノーマルな人生を歩みたいだけで、自分をサッカー選手や公人と位置づけているわけではない。たしかに危険な場所にも足を踏み入れているけど、ごく普通の生活を求めているだけなんだ。

 僕はプロサッカー選手になれる僥倖に恵まれた。

 でもサッカー選手のステイタスにこだわってはいない。

 家にお手伝いさんがいるわけじゃないし、自分でスーパーに買い物にも行く。ビールも飲むし煙草も吹かす。何も気にしてはいない。昔ながらの職業についている人たちは煙草を吸うのに、どうしてサッカー選手は駄目なんだ? 生活は生活、ピッチはピッチ。別のものだろう」

――そうかも知れませんが、サッカー選手は模範を示す必要もあるのではないですか?

「いったいどれほどの選手が喫煙してるか知っているか? どうして吸うのを隠さなければならないのか? 真実を隠すべきではないし、選手も普通の生活を送っていることをハッキリと示すべきだろう。喫煙を隠す人間はきっと他のことも隠している。それは僕のやり方じゃない」

【次ページ】 「最悪の過去が人間を強くすることも」

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ラジャ・ナインゴラン
インテル

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ