欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

補強ゼロでも好調維持のトッテナム。
リーグカップで久々の戴冠なるか。

posted2018/12/28 16:30

 
補強ゼロでも好調維持のトッテナム。リーグカップで久々の戴冠なるか。<Number Web> photograph by Getty Images

今季もスパーズの得点源であるハリー・ケイン。豪華攻撃陣で今季こそタイトルを掴みたい。

text by

粕谷秀樹

粕谷秀樹Hideki Kasuya

PROFILE

photograph by

Getty Images

 すぐに友人、知人ができるタイプがいれば、なかなか溶け込めない者もいる。人間関係や個々の性格も、環境適応能力に深く関わってくる。フットボールの世界も同様だ。すべての新戦力が機能するわけではない。

 例えばチェルシーの場合、マウリツィオ・サッリ監督のスタイルをよく知るジョルジーニョは、瞬く間にピッチ全体をコントロールした。アーセナルのルーカス・トレイラ、マンチェスター・シティのリヤド・マフレズも早々とフィットし、ナビ・ケイタとファビーニョもリバプールの中盤に欠かせない存在になりつつある。

 その一方で、マンチェスター・ユナイテッドのフレッジは出場機会にすら恵まれていない。ジョゼ・モウリーニョが解雇され、オレ・グンナー・スールシャール新体制がスタートしたいま、彼にチャンスは訪れるのだろうか。

補強できなくても優勝戦線。

 トップ6のなかで、こうしたケースに唯一当てはまらないのがトッテナムだ。2018年夏、ひとりも補強しなかった。移籍市場が例年よりも早く閉まったこと、新スタジアム建設の費用がかさんだこと(依然として完成していない)など、補強を見送らざるをえない条件もいくつかあった。

 マウリシオ・ポチェッティーノ監督は、「優れた人材に的確な額のオファーを届けている」と語っていたが、クラブを牛耳るダニエル・リービー会長が積極的に動いている気配はなかった。

 当然、多くのメディアがトッテナムを疑問視する。

「ひとりも補強できないとは……」「戦力ダウンは明らかだ」「チャンピオンズリーグ出場権すら危うい」などなど、シーズン前の予想は酷評のオンパレードといって差し支えなかった。

 しかし、プレミアリーグでは優勝戦線にからんでいる。リーグカップは準決勝に進出し、チャンピオンズリーグもグループステージを突破した。昨シーズンの戦力を維持するしかなかったトッテナムは、今シーズンも好調だ。

【次ページ】 シッソコの復活が大きい。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

トッテナム
マウリシオ・ポチェッティーノ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ