プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

蘇った新日本プロレスのエース。
棚橋弘至は2019年も輝けるか? 

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2018/12/22 10:00

蘇った新日本プロレスのエース。棚橋弘至は2019年も輝けるか?<Number Web> photograph by Essei Hara

何度も挫折から這い上がってきた棚橋弘至。次の決戦1.4東京ドームでは、また新しい棚橋弘至を見せてくれるのか?

“ベスト・バウト・マシーン”との決戦。

 ともあれ、棚橋には今回の受賞で「平成最後のプロレス大賞男」という冠がついた。

 実は、「平成最後のG1優勝者」も棚橋だった。

 2019年の春には元号が変わる。次の新しい元号でも「○○最初のプロレス大賞男」になる――それこそが「100年に1人の逸材」にぴったりなストーリーだろう。

 棚橋が「予想してなかった」という2018年のプロレス大賞MVPだったが、「2019年はのっけから取りにいきます」と宣言した。

 1月4日はオメガとの戦いだ。念願のIWGPのベルトは、すぐそこに待っている。

“ベスト・バウト・マシーン”と自らを呼ぶオメガとのプロレスに対する考え方は、一見、水と油のように異なるようにも思えるが、リング上でそれがどのように反応するのかは興味深い。

「クソ有名になってやりますよ」

 棚橋は肉体の不安を抱えながらも、「新しい扉を開く」と宣言した。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
棚橋弘至
ケニー・オメガ
オカダ・カズチカ
内藤哲也
アントニオ猪木
新日本プロレス

プロレスの前後の記事

ページトップ