ぼくらのプロレス(再)入門BACK NUMBER

天龍源一郎が最も悩んだときの答え。
50人に嫌われたら、50人に好かれる。

posted2019/01/02 17:00

 
天龍源一郎が最も悩んだときの答え。50人に嫌われたら、50人に好かれる。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

引退から3年を経て、天龍源一郎が記した人生相談は趣深いものだった。

text by

堀江ガンツ

堀江ガンツGantz Horie

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki

 天龍源一郎が、2015年11月15日両国国技館でのオカダ・カズチカ戦で引退してから、早3年が経った。

 そのことを天龍本人に聞いてみると、「振り返ってみたら早いけれども、『まだ3年か』っていう思いもありますよ」という答えが返ってきた。それだけ密度の濃い3年間だったということだろう。

 天龍は引退会見の際、「引退」ではなく「廃業」という言葉を使ったとおり、オカダ戦後はアドバイザーやコーチといった立場でプロレス界に残ることなく、新たな道を歩むべく芸能活動を本格化。

 すると、独特のハスキーボイスからくる“滑舌の悪さ”が受け、テレビCMやバラエティ番組に多数出演。現役時代を知らない世代にまで「天龍」の名が知られるようになった。60代後半を迎えてから、こういったかたちで再ブレイクした例は、プロレス界にかぎらずなかなかないことだろう。

波乱万丈の人生を聞いてみた。

 そして先日は、『天龍源一郎の世界一滑舌の悪い人生相談』(白夜書房)という人生相談本も上梓した。これはアイドル・サブカルチャーを中心とした雑誌『BUBKA』での連載を一冊にまとめたもの。

 プロレス誌ではなく、一般誌でのレスラーの人生相談が本になるというのも異例だが、編集部によると「さまざまな栄光と挫折を知る天龍さんだからこそ、世に溢れる多様な悩みを受けきれるのではないか」という思いから始めた企画だったという。

 たしかに、天龍ほど長きにわたる波乱万丈な格闘人生を送ったレスラーもなかなかいない。今回、この本のパブリシティ期間に、天龍の単独インタビューをする機会を得たので、あらためてそのレスラー人生を本人に振り返ってもらった。

【次ページ】 ジャンボ鶴田とのタッグで台頭。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

天龍源一郎

プロレスの前後のコラム

ページトップ