ラグビーPRESSBACK NUMBER

ラグビーW杯前年最後のロシア戦へ。
世界が警戒を深めるジェイミーJ。 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byNobuhiko Otomo

posted2018/11/21 16:30

ラグビーW杯前年最後のロシア戦へ。世界が警戒を深めるジェイミーJ。<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

名門チェルトナム・カレッジ(1841年創立)のグラウンドで練習していた日本代表の面々だが……地面が斜めだった!?

リーチ主将には10点満点の評価が!

 後半から投入された63キャップのベテランCTBオーウェン・ファレルが、パニックに陥りかけていたチームを冷静に立て直した。

 日本が不用意なペナルティを犯せば、迷わずタッチキックで日本ゴール前へ攻め込む。59分にFLウィルソンのトライで逆転すると、70分にはキックの競り合いのこぼれ球からつないでWTBコカナシガが、76分にはゴール前ラインアウトのモールにBKも入り13人で押し切って駄目押し。

 誇り高きラグビーの母国が、見栄も外聞もなく、力尽くで勝利を奪いに来た。

 翌朝の英紙サンデー・テレグラフは選手の評価でリーチ主将に10点満点をつけ「マン・オブ・ザ・マッチに選ばれるべきだった」と書いた(実際に選ばれたのはイングランドのLOマロ・イトジェだった)。

 イングランドのエディー・ジョーンズ監督は、日本代表の印象を訊ねた日本メディアに「素晴らしいね。ホントに良くなった。ケンキ(WTB福岡堅樹)はいい選手ね」と日本語で答えた。ラグビーの母国の誰もが日本を称賛した。

どんな強敵にも「勝てる」メンタルで。

 満足していないのは、日本の選手だった。

「一言で言うと、がっかりしている。勝てる試合を落としてしまった」とリーチ主将は言った。

 相手がワールドカップ優勝を狙う、北半球最強を争う強豪イングランドであっても、日本の選手はまったく気後れしていなかった。

 元指揮官のエディー・ジョーンズは、先の言葉に続けて「若い選手が素晴らしい。サンウルブズで経験を積んで、すごく成長している」と日本に賛辞を贈った。

 自身が率いた2015年ワールドカップで南アフリカを破るなど3勝をあげ、「世界の強豪には勝てない」というメンタルバリアを取り払った日本代表は、その後の3年間はスーパーラグビーで、さらに世界ラグビーの上位に君臨する強豪国とのテストマッチで経験を重ね、どんな強敵を前にしても「勝てる」という気持ちで臨める自信とメンタルタフネスを手に入れた。

 かつての日本には、対等に戦っていても試合の終盤に大量失点を喫する悪癖があった。無論、15-35のスコアは現実だ。特に後半のスコア「0-25」は冷酷なまでに実力差を示している。

【次ページ】 日本の基礎力は向上したが……。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

エディー・ジョーンズ
リーチ マイケル
ジェイミー・ジョセフ
オーウェン・ファレル
マロ・イトジェ
サンウルブズ
福岡堅樹
姫野和樹
中村亮土

ラグビーの前後のコラム

ページトップ