フランス・フットボール通信BACK NUMBER

モドリッチが考える理想のサッカー。
「10番が消滅することはあり得ない」 

text by

パスカル・フェレ&フレデリック・エルメル

パスカル・フェレ&フレデリック・エルメルPascal Ferre et Frederic Hermel

PROFILE

photograph byBernard Papon

posted2018/11/13 11:00

モドリッチが考える理想のサッカー。「10番が消滅することはあり得ない」<Number Web> photograph by Bernard Papon

モドリッチが共にプレーしたかった選手のひとりは、監督でもあったジダンだったという。

「小国がサッカー大国相手に偉業を」

――あなたにとってワールドカップは何だったのでしょうか?

「話すのは難しいけど……僕らは国を代表して決勝まで到達した。子供のころからの夢だった。その決勝で敗れたのがどれほどの衝撃だったかはとても隠しきれない。失望と悲しみで胸が張り裂けそうだった。

 でもクロアチアに戻って出迎えてくれた大勢の人々を見ると、決勝に進んだことがすでに大きな成功であることに気づいた。

 クロアチアのように独立からまだ間もない小国が、サッカー大国相手に偉業を達成したのだから。時間がたつにつれて、誇らしい気持ちが湧いてきたよ」

――決勝では何が印象に残っていますか?

「幾つもあって、まず試合前のアップにピッチに出て、スタンドを埋めたサポーターたちを見たときだ。

 それから同点ゴール(28分、ペリシッチ)もだ。

 あとは大会最優秀選手に選ばれた瞬間も忘れられない。あまり喜んでいるように見えないのは試合に負けたからで、悲しみは大きかった。でも個人賞を受賞できたのはとてもいい思い出だ。最後に試合後も雨の中をスタンドに残って、僕らを祝福して歌を歌い続けたサポーターたちに感謝している。

 僕らはディテールの違いでフランスに敗れた。彼らは4得点を決めて勝利を得た。他に付け加えることは何もない。脱帽という以外にないね」

「レアルは新たなページに入った」

――この夏、レアルはジダンとクリスティアーノ・ロナウドというふたつの最も重要な要素を失いました。どちらの離脱の方がダメージは大きいですか?

「僕らは信じられないほど素晴らしい時間をともに過ごしてきた。ふたりはクラブに多くのものをもたらした。

 ジダンに関して言えるのは、僕は彼の傍にいてとても多くを学んだことだ。本当によく彼とは話した。彼のような選手が監督になると、選手に自信を与えてくれるし有益なアドバイスもしてもらえる。得るものはとても多い。

 プロフェッショナルとしてもまた人間としても、ジズー(ジダン)とクリスティアーノが去るのは大きな痛手だ。彼らがいたからこその成功であったし、また普通とは違ったやり方での成功であったからだ。

 だが悔やんでも仕方がない。レアルは新たなページに入った。日々の課題をクリアしながら前に進んでいくしかないからね」

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ルカ・モドリッチ
クリスティアーノ・ロナウド
ジネディーヌ・ジダン
トニー・クーコッチ
レアル・マドリー
ロシアW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ